menu

新型コロナウイルスは、糞便エアロゾル感染という盲点がある

中国からの論文では、糞便エアロゾル感染という盲点があることを示しています。

Kang M, et al. Probable Evidence of Fecal Aerosol Transmission of SARS-CoV-2 in a High-Rise Building. Ann Intern Med. 2020 Sep 1.

中国・広州市で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患した高層マンション住民3家族9例の疫学調査を実施しました。”糞便エアロゾル”の可能性を検証しています。

便器からの感染は見逃しやすい

 3家族のうち1家族にCOVID-19感染中心地の武漢市への渡航歴がありましたが、他の2家族は渡航歴がなりませんdした。また、渡航歴がある1家族よりも発症が遅かった。

エレベーターでの感染は否定的

エレベーターなどの共有スペースを介した感染の根拠はありませんでした。3家族が居住していた3戸は垂直に並んでおり、主浴室の排水管がつながっていました。

環境検体としてマンション内83戸のうち11戸、共有スペース、排水システムから壁面検体と空気検体237個を採取して調べたところ、環境検体が陽性となった場所も、通気口を介してウイルス含有エアロゾルが垂直方向に広がったことと整合しました。

クラスター班の報告でも便器は要注意

便器は盲点です。前に使った人が、COVID-19であった場合、感染を広げてしまいます。施設での対策にいかすべき点とおもわれます

COVID-19の隠された長期的な認知効果

寝すぎも寝不足も認知症になりやすい

関連記事

  1. COVID-19に最適なテストはどれですか?

    利用可能な多くの種類のテストは、かなりの混乱を招いています。残念ながら、こ…

  2. 重症化するはずのコロナウイルス感染が、回復血症で…

    一部の若い人により感染が伝播すると言われてきたが、それでは若い人の立ち場はな…

  3. COVID-19 の伝播についてのまとめ(202…

    SARS-CoV-2 の主な感染経路は呼吸器飛沫と直接接触である。感染した人…

  4. 人工知能の予測によると乳がん死亡者が1%増加する…

    新型コロナウイルス感染症(COVID…

  5. においや味の喪失への対処

    US News and World Reportによると、軽度から中等度の…

  6. コロナウイルスの発生と子供たち

    このパンデミックにより、子どもたちの生活は180度変化してしまいました。子…

  7. COVID-19の再感染はありえますか?

    2007年の研究では、2002年に出現した未知のコロナウイルスである重症急…

  8. COVID-19とインフルエンザシーズン:どうす…

    私たちはCOVIDのパンデミックの真っ只中にありますが、これが毎年のインフ…

PAGE TOP