menu

COVID-19-がんの相互作用

ダナファーバー癌研究所のハーバード大学医学部の研究者や他の機関による報告書は、COVID-19が実際に癌患者の治療を複雑にしていることを示唆しています

COVID-19と癌生物学

COVID-19の最も危険な結果の1つは、サイトカインストームとして知られる過度に攻撃的な免疫反応です。これは、肺や他の組織に損傷を与える可能性があります。

免疫チェックポイント阻害剤、キメラ抗原受容体(CAR)T細胞療法、二重特異性T細胞エンゲージメント(BiTE)などの免疫刺激療法で治療された癌患者は、これらの療法によって生じる免疫反応がでてきます。

がん治療による免疫反応とサイトカインストームが影響を与えるのです。結果として生じる場合、合併症のリスクがあります。

正常で健康な組織への攻撃で。特に、CAR T細胞療法とBiTEで治療された患者は、COVID-19患者のサイトカインストームと同様のサイトカイン放出症候群として知られる副作用を発症する可能性があります。

COVID-19とがん治療

世界中で、COVID-19の蔓延を阻止するための取り組みには、患者と医師の間の直接の訪問を減らすことがすすめられました。

オンライン遠隔医療の使用の急増がありました。

いくつかの研究が示していますが、オンラインは、直接会うのと同じくらい効果的である可能性があります。

マイナス面として、パンデミックのピーク時に癌の診断とスクリーニング検査が急激に減少することが研究によって示されています。

ある研究では、定期的なスクリーニングが85〜90パーセント減少したことがわかりました。癌の診断の遅れは、長期的な波及効果をもたらす可能性があります。英国の研究によると、診断の遅れにより、パンデミックが発生しなかった場合よりも、腫瘍の種類にもよりますが、5年後の死亡率は4〜17パーセント高くなる可能性があります。

VIEW medical siteプロバイオティクスは、細菌性膣炎の再発を防ぐのに役立つ可能性があります

COVID-19の隠された長期的な認知効果

関連記事

  1. コロナウイルスの発生と子供たち

    このパンデミックにより、子どもたちの生活は180度変化してしまいました。子…

  2. 炎症性腸疾患に関連する関節炎

    炎症性腸疾患(IBD)は、腸管の炎症を特徴とする2つの障害(クローン病と潰…

  3. 糖尿病予備群を早期に特定することは、糖尿病やその…

    糖尿病予備群(前糖尿病)は、血糖値が上昇しているが、糖尿病のしきい値を満たす…

  4. VIEW medical site

    エピジェネティック・ランドスケープ

    すべては遺伝子ではない。20世紀の中ごろ、英国のコンラッド…

  5. 重症化するはずのコロナウイルス感染が、回復血症で…

    一部の若い人により感染が伝播すると言われてきたが、それでは若い人の立ち場はな…

  6. COVID-19 の伝播についてのまとめ(202…

    SARS-CoV-2 の主な感染経路は呼吸器飛沫と直接接触である。感染した人…

  7. 人工知能の予測によると乳がん死亡者が1%増加する…

    新型コロナウイルス感染症(COVID…

  8. 男性と間質性膀胱炎

    間質性膀胱炎(IC)は、女性と男性の両方、そして女の子と男の子の両方に影響…

PAGE TOP