menu

痛みを感じる女性は多い

線維筋痛症、間質性膀胱炎、片頭痛、関節炎など、慢性的な痛みを引き起こす多くは女性です。

 

痛みに関連する謎

女性が男性よりも慢性的な痛みの状態になりやすいように見える理由は完全には明らかではありません。

この原因の一部は遺伝かもしれません。

たとえば、ホルモンの違いがいくつかの痛みの根本にある可能性があります。片頭痛は、ホルモンレベルの変動によって引き起こされることがあり、月経が始まった後、女の子によく見られます。

さらに、女性は性的暴行などのトラウマを経験する可能性が高く、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの状態を引き起こし、精神障害を引き起こす可能性があるとSchur博士は述べています。PTSDは女性によく見られます。男性わずか4%と比較して、女性10%が生涯にわたってPTSDと診断されます。

痛みの状態は女性によく見られますが、診断が遅れるため、多くの人が本来よりも長く苦しんでいます。たとえば、世界子宮内膜症研究財団による2011年の研究では、女性は平均して、最初の症状からこの一般的な状態の診断まで7年間待機していることがわかりました。(子宮内膜症では、子宮の内膜に見られるような組織が体の他の部分で成長し、炎症や瘢痕を引き起こします。)

診断の遅れはまた、一般的に線維筋痛症、全身の広範囲にわたる痛みによって特徴づけられる状態と関連しています。

 

痛みの状態に対処する

 

根本的な原因を探します。かかりつけ医と始めましょう。必要に応じて、専門家を推薦することができます。

適切なものを見つけてください。あなたの痛みの状態を管理している医師がその特定の状態を治療した経験があることを確認してください。セカンドオピニオンをすることも考慮してください

支持を得ます。診断を受けたら、関連するサポートグループや協会を探します。必要なリソースを見つけるのに役立ちます。

認知行動療法を検討してください。この治療法は、より健康的な思考パターンを採用できるように設計されています。人々がより効果的に痛みに対処するのを助けることにより、痛みと障害を軽減することが示されています。

治療計画を立てます。市販薬は、適切なタイミングで痛みを管理するために安全に使用できます。

ライフスタイルを改善します。慢性的な痛みを経験している場合、定期的な運動プログラム、適切な睡眠スケジュール、健康的でバランスの取れた食事を維持することは難しい場合がありますが、これらの戦略はすべて役立つことが示されています。

COVID-19 mRNAワクチンは、新しいコロナウイルス変異体に対して有効ですか?

前立腺がんをテストする新しい方法

関連記事

  1. アスピリンを定期的に服用することで乳がんの予防に…

    低用量アスピリンは、議論されています。多くは、低用量のアスピリンを服用するこ…

  2. メッシュ手術摘出事業:英国政府が導入するメッシュ…

    2018年に中止された、尿失禁や骨盤臓器脱につかうメッシュ手術。2020年…

  3. 間質性膀胱炎に対する微弱な膣ヤグ・レーザー治療

    日本の研究チームは、かねてからレーザー治療が間質性膀胱炎潰瘍の炎症に有効…

  4. 経腟分娩は、骨盤底障害を起こしやすい

    経膣分娩と帝王切開分娩後の骨盤底の罹患率について調べた論文があるスペ…

  5. 60歳以上の女性で切迫性・混合性尿失禁が増加傾向…

    2005年から13年間の20歳以上の米国女性1万9791人を対象した研究では…

  6. 乳がんは古代から人類の敵でした。

    乳癌は古代からあった病気で、古代エジプトにおいてはイムフォテプと言う医師によ…

  7. 帝王切開による出産でも尿トラブルはおきますか?

    帝王切開は、赤ちゃんが生まれてからの回復時間が長くなることを意味しますが、…

  8. VIEW medical site

    酒皶は閉経期に発赤する可能性があります

    全米で約1600万人がもつ酒皶は、ほとんどの場合、赤面しやすい色白の人に発…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP