menu

特定の運動は私の骨盤臓器脱を悪化させる可能性がありますか?

骨盤臓器脱は、骨盤臓器を支えるお椀型の筋肉や組織の弱体化によって引き起こされる一般的な問題です。この骨盤底のサポートが破綻してくると、子宮、膀胱、直腸などの1つまたは複数の臓器がずれて、通常は膣に押し込まれます(場合によっては膣から突き出ます)。

ジャンプやバーベルは良くない

激しい運動が問題を悪化させる可能性があるというリスクがあります。これには、ジャンプやエアロビクスなどの他の影響の大きい活動を伴う運動が含まれる場合があります。場合によっては、重いウェイトを持ち上げることも問題になります。状態を悪化させないための最善の選択肢は、医師、トレーナー、または理学療法士と協力して、骨盤底筋に余分な負担をかけないトレーニング計画を立てることです。

ケーゲル体操を

それまでの間、骨盤底を強化するために、ケーゲルと呼ばれる運動を行うこともできます。ケーゲルを実行するには、ガスを制御するために使用する筋肉(つまり肛門括約筋)を締め、短時間保持してから放します。1日を通して5回以上の繰り返しを数セット行います。

また、ペッサリー(臓器を支える挿入可能なデバイス)の使用や骨盤底手術を受けるなど、骨盤臓器脱に対処するための他のオプションについて医師に相談してください。

世界初の3Dプリンターによるミニチュア心臓モデル

脚のストレッチは血流を改善し、脳卒中を防ぐ可能性があります

関連記事

  1. 大腸憩室炎から身を守る

    60〜80歳の人類の約半数が憩室症を患っています。憩室症と呼ばれるエンドウ…

  2. 英国で膀胱部痛症候群のガイドラインができました

    尿がたまると膀胱が痛い疾患、間質性膀胱炎・膀胱部痛症候群について、英国から…

  3. 心臓に良い食事は低脂肪である必要はありません

    40年以上の間、アメリカ心臓協会を含むほとんどの主要な健康組織は、低脂肪食を…

  4. レーザー尿失禁治療のエビデンス

    2021年10月18日フォトナ社の主要オピニオンリーダーのDr.Ba…

  5. 歯周病を年配の女性の癌

    Cancer Epidemiology、Biomarkers&Preven…

  6. ウロダイナミック検査って、何ですか?

    ウロダイナミック検査(尿流動態検査)は、膀胱、括約筋、および尿道が、尿をどの…

  7. 慢性関節炎があってもスポーツできます

    痛みがない、怪我から回復している、または慢性関節炎を管理している場合でも、次…

  8. 閉経後にニキビができるのはなぜですか?

    多くの女性は、閉経期に皮膚の変化に気づきます。一部の女性にとって、これは乾…

PAGE TOP