menu

Search results for - うつ

  1. 抗うつ薬(SSRI薬)があなたの性生活に影響を与えるとき

    選択的セロトニン再取り込み阻害薬またはSSRI(ボックスを参照)として知られているよく使われる薬は…

  2. 間質性膀胱炎の生活と良くない薬

    膀胱部痛症候群とも呼ばれるこのイライラする障害は、女性につらい日々を与えてしまいますhttp…

  3. 頭痛:知っておくべきこと と最新論文

    頭痛の原因は?定期的な頭痛のほとんどの発作は深刻ではなく、自分で治療することができます。しかし、…

  4. 子犬の愛は心臓のパートナー

    このエビデンスは、Circulationの2019年10月号に掲載された2つの記事、Cardiova…

  5. 間質性膀胱炎という病気を知ってますか?

    間質性膀胱炎は不可解な膀胱の状態であり、膀胱壁が炎症を起こしたり炎症を起こしたりして、痛みや頻繁また…

  6. より大きな認知リスクと関連する抗コリン薬

    Neurologyによって2020年9月2日にオンラインで公開されました論文によると、抗コリン薬はよ…

  7. 男性の慢性骨盤痛症候群

    50歳を過ぎると、男性はしばしば骨盤臓器に不快感を覚えます。骨盤や性器の内外のけいれん、痛み、または…

  8. 間質性膀胱炎という病気を知ってますか?

    間質性膀胱炎は不可解な膀胱の状態であり、膀胱壁が炎症を起こしたり炎症を起こしたりして、痛みや頻繁ま…

  9. オルガスムについて医学的に取り組むこと

    勃起不全は、年配の男性の間で主な性関連の問題であり続けています。しかし、年齢とともに他の2つの問題も…

  10. 家族に自殺願望があるとき

    JAMAに報告された研究は、この春、アメリカ人の間でうつ病が3倍になったことが示唆されています。…

  11. あなたの脳の心配

    著者が繰り返し否定的な思考と呼ぶものに定期的に従事している高齢者は、そうでない人よりも記憶の問題を…

  12. 親密なパートナーの暴力を理解する

    パンデミックは虐待的な関係にある人々の生活をさらに困難にしているかもしれません。…

  13. COVID-19の隠された長期的な認知効果

    新しい研究は現在、700万人以上のアメリカ人と世界中でさらに2700万人を含むCOVID-19感染…

  14. においや味の喪失への対処

    US News and World Reportによると、軽度から中等度のCOVID-19患者の8…

  15. COVID-19診療で研修医の燃え尽き症候群が増加

    懸念しているとおり、若いドクターは燃え尽き始めている。米国の新型コロナウイルス感染症(CO…

  16. 投薬なしでEDを管理する方法

    勃起不全(ED)は、高齢男性、特に心血管疾患や糖尿病の男性が直面する最も一般的な健康問題の1つです…

  17. 豊胸手術はあなたを病気にしているのでしょうか?

    豊胸手術を受けることを検討している場合、米国政府FDAは、この手順の潜在的なリスクについて医師と話…

  18. 更年期障害とメンタルヘルス

    女性ホルモンのレベルの変化は、うつ病の症状を含む一時的な気分の変化を引き起こす可能性があります。…

さらに記事を表示する
PAGE TOP