menu

Search results for - 腹圧性尿失禁

  1. 腹圧性尿失禁はレーザー治療で改善?

    Lasers in SurgeryandMedicinに報告された研究では、Er:YAGレーザー治…

  2. 腹圧性尿失禁を膣レーザー治療で改善する。

    クロアチアの研究者による前向きコホート研究は、あたらしい可能性を示します。2016…

  3. 腹圧性尿失禁と過活動膀胱がレーザー治療の効果がある?

    台湾の研究者らが、J Obstet Gynecol.に報告した論文では、腹圧性尿失禁で有望とされた…

  4. 腹圧性尿失禁の手術

    2018年12月18日発行のJAMAの調査によると、帝王切開で最初の赤ちゃんを出産した女性は、腹圧性…

  5. 60歳以上の女性で切迫性・混合性尿失禁が増加傾向

    2005年から13年間の20歳以上の米国女性1万9791人を対象した研究では、腹圧性尿失禁・切迫性尿…

  6. 膣エルビウムレーザーの安全性:過去8年間に治療された113,000人の患者の研究

    医学誌Climactericに投稿された論文では、腹圧性尿失禁やGSMの治療に効果を示すとされて注目…

  7. 若くても骨盤臓器脱になりますか?

    多くのわかい女性でも不快感に悩まされていますが、相談できないため実態がわからずにいます。…

  8. 便失禁

    意図せず便が直腸から漏れることを便失禁といいます。通常の状況では、便は直腸と呼ばれる大腸の端部に入…

  9. 尿の中には善玉菌?が住んでいたという驚きの発見

    尿中マイクロバイオームと尿失禁の間の新たなつながりほとんどの人は、微生物が私たちの…

    編集長

    編集長:奥井伸雄(神奈川歯科大学教授)日経グループでの連載…

  10. 英国のナディン・ドリーズ保健大臣の骨盤臓器脱メッシュ手術についてのスピーチ

    何百人もの女性とその子供たちと家族に、医療について懸念を表明した後、膣メッシュなどの治療を謝罪しま…

  11. 尿道憩室切除をした後の尿失禁は、人工メッシュテープのスリング手術が効果的

    尿道憩室はわかい女性にも多く存在する治療しにくい病気です。先天的に尿道の脇に組織の弱いところが伸び…

  12. 行動療法は過活動膀胱の症状を和らげることができます

    しかし、2020年1月13日にJAMA内科によってオンラインで公開された研究は、行動療法を追加する…

  13. 帝王切開による出産でも尿トラブルはおきますか?

    帝王切開は、赤ちゃんが生まれてからの回復時間が長くなることを意味しますが、咳やくしゃみをするときに…

  14. ケーゲル体操(骨盤底筋体操)

    ケーゲルを実行するには、最初に骨盤底筋を見つけてから、繰り返し収縮してリラックスする必要があります…

  15. 連鎖球菌性膣炎について

    一般に膣分泌物というものは正常です。それは膣の感染症から保護するのを助け、膣の組織に潤滑を提供しま…

  16. 女性特有の悩み。骨盤臓器脱と女性ホルモン

    骨盤臓器脱という病気があります。聞きなれないこの病気は、とても患者さんが多くて、エジプトのパピルスに…

  17. 尿もれのパッドテストが有効です。

    腹圧性尿失禁や骨盤臓器脱の手術をうける際に国際的に使われるのが尿もれのテストです。…

さらに記事を表示する
PAGE TOP