menu

TVT手術ではType3の腹圧性尿失禁は14%解決しない

TVTというのは、尿道に人工テープをいれて支えることで、尿失禁をなおす治療である。この方法は、あくまで尿道の筋肉が正常でいおちているだけ、という場合に効果をだす。尿道がすごくやせてしまった場合は、Type3腹圧性尿失禁というのであるが、条件がそろわないとうまくいかない。この研究は、TVTがうまく患者の満足がえられる予測因子を計算したものであるが、かえってType3腹圧性尿失禁ではうまくいかないのがはっきりしてしまった。

まずは、論文をみてみよう

Impact of Defined Risk Factors on Degree of Urinary Stress Incontinence and Sling Outcome: A Retrospective Cohort Analysis

尿失禁は、多くの女性にとって生活の質に深刻な影響を与える苦しい状態です。尿道下張力自由膣テープ(TVT)の挿入は、金 standard の外科的治療法とされています。しかし、重度の尿失禁を持つすべての女性がTVTから同じように利益を得るかどうかは不明です。したがって、本研究の目的は、重度の尿失禁のリスク要因を特定し、TVT手術後の尿失禁の解決が、重度の尿失禁を持つ女性と異なるかどうかを調べることでした。合計168人の女性を対象にしたこの後ろ向きコホート研究において、重度の尿失禁を持つ女性は、尿道閉塞圧力(MUCP)が有意に低かった(中等度53 cmH2O 対 重度39 cmH2O、p = 0.001)、またBMIが有意に高かった(中等度26.1 kg/m2 対 重度28.5 kg/m2、p = 0.045)。超音波での膀胱頸部の funneling は、重度の尿失禁を持つ女性で有意に高頻度で検出された(中等度27% 対 重度57%、p = 0.004)。低いMUCPと高いBMIは、重度の尿失禁の重要な予測因子として特定されました(p < 0.032)。出産歴、年齢、尿道の機能的長さ、負の尿道ストレス圧には違いがありませんでした。TVT挿入後の全体的な尿失禁の解決率は91.9%でした。重度の尿失禁を持つ女性と中等度の尿失禁を持つ女性との間で、TVT挿入後の尿失禁の解決に有意な差はありませんでした。つまり、本コホートではTVTの成功が重度の尿失禁の程度に有意な影響を受けなかったと示唆されました。本コホートでは、低いMUCPと高いBMIが尿失禁の重症度の重要な予測因子であることが示されました。しかし、より重度の尿失禁を持つ女性においても、TVTによる尿失禁の治療成果に大きな違いは見られませんでした。

 

メッシュの固定はヘルニア再発および慢性手術後鼠径部疼痛に現在のエビデンスは非常に不確実

シフト勤務は睡眠と健康に害を及ぼすことがあります。健康に有害なシフト勤務で、健康を守る方法とは?

関連記事

  1. 喫煙は心血管リスクを伴います

    『私は本当に喫煙者ではありません。私は一日に数本のタバコを吸うか、週末に外…

  2. 毎日の運動は癌による死亡を減らすかもしれません

    JAMA Oncologyが 2020年6月18日にオンラインで公開した研…

  3. カフェインと妊娠:BMJのメタアナリシスでは、や…

    カフェインは歴史上最も広く向精神薬として使われてきました。調査によると、消…

  4. 女性の心臓発作

    心臓発作は男性と女性の両方に起こりますが、女性によく見られます。しかし、多…

  5. 運動は膀胱脱(膀胱瘤)を引き起こしますか?

    膀胱が骨盤から落ちて膣内に突き出ると、膣から脱出したと言われます。膀胱瘤(…

  6. ウロダイナミック検査って、何ですか?

    ウロダイナミック検査(尿流動態検査)は、膀胱、括約筋、および尿道が、尿をどの…

  7. 英国では、骨盤臓器脱メッシュ手術のリスクの認識を…

    世界に先駆けて骨盤臓器脱メッシュ手術の危険性を政府が認めた英国では、手術の…

  8. 全身を脅かす可能性のある隠れた歯科疾患の危険性

    虫歯や歯周病は、脳や心臓の感染症など、深刻な健康問題を引き起こす可能性があ…

PAGE TOP