menu

骨盤臓器脱メッシュ手術に厳しい警告

骨盤臓器脱の外科的治療

手術の前に、すべての問題が特定されていることを確認するために徹底的な骨盤検査が必要になります。尿失禁の症状は評価する必要があります(これはしばしば尿流動態検査)。組み合わせた手術で失禁と脱出の両方を矯正できるからです。また、矯正手術後に尿失禁が発生する可能性についても確認する必要があります。これは、たとえば、手術によって尿道のねじれが矯正され、脱出時の失禁が防止された場合に発生する可能性があります。

外科医は、骨盤再建に関するトレーニングと専門知識、および骨盤臓器脱手術の実施に関する豊富な経験を持っている必要があります。婦人科医またはプライマリケアの臨床医に、女性の骨盤の問題と骨盤の再建手術の専門家である泌尿器科医を紹介するよう依頼してください。

手術は、膣を切開して、または腹部を切開して、外科用メッシュを挿入する手術が多数をしめるようになりました。しかし、メッシュを使わないという方法もあります。メッシュ手術の場合は、周囲の組織と靭帯を固定し、膣壁を修復します。回復には通常6〜8週間かかりますが、少なくとも3か月は重いものを持ち上げないようにする必要があります。

骨盤臓器脱メッシュに厳しい警告

2011年7月、FDAは、骨盤臓器脱を修復するためにメッシュを経膣的に配置する(膣から挿入する)場合の合併症の報告の増加を発表しました。問題には、出血、骨盤痛、性交時の痛み、膣組織からのメッシュの突出などがあります。これらの報告と1996年以降に発表された研究のレビューに基づいて、当局は、経膣メッシュは、代償的な利点なしに、古い非メッシュ手順よりも大きなリスクをもたらす可能性があると警告しました。警告は、脱出症を治療するために腹部に配置されたメッシュ、または腹圧性尿失禁の治療のために尿道中部のスリングで使用されたメッシュには適用されませんでした。代理店はメッシュデバイスのより厳しい規制を検討しており、2012年1月に、これらの製品を受け取る女性の安全性調査を実施するようメーカーに命じました。

メッシュ手術はいまは注意すべき

日本ではさかんにメッシュ手術をされていますが、いまは注意すべきです。米国で警告がでたものが、日本人には警告になるような副作用がないとはいえません。

間質性膀胱炎が高圧酸素療法で改善できる可能性

心臓の問題に関連する乳がんの放射線

関連記事

  1. 間質性膀胱炎の統計調査と男女比

    間質性膀胱炎は女性に多い病気です。人口に対する間質性膀胱炎の比率を出すために…

  2. 間質性膀胱炎の治療のためのフラヌマブ研究

    神経成長因子に対するヒトモノクローナル抗体であるフルラヌマブは、あたらしい…

  3. 間質性膀胱炎の高圧酸素治療:前向きパイロット研究…

    間質性膀胱炎に対して高圧酸素治療をする初期の論文です6人の患者が高…

  4. 網膜前膜患者は片眼で物を見る動作が多いことがわか…

    JAMAに報告された新しい報告では、網膜前膜(ERM)成人患者135例を対…

  5. 年齢が高い女性ほど進行した子宮頸がんの診断が多い…

    年齢が高い女性ほど進行した子宮頸がんの診断が多く、長期の生存率も若い女性に比…

  6. 不眠症の科学

    不眠症のない人でも、ぐっすり休むのに苦労することがあります。狂った仕事のスケ…

  7. 認知症とアルコール

    JAMA NetworkOpenによって2019年9月27日にオンラインで…

  8. 小さなリンゴでも糖尿病を防ぐのに役立つかもしれま…

    BMJが2020年7月8日にオンラインで公開した研究によると、果物と野菜の…

PAGE TOP