menu

骨盤臓器脱の危険因子として、WHIが閉経ではなく年齢を指摘しています

子宮摘出術で卵巣を切除しても、閉経後の女性の骨盤臓器脱のリスクは高まりません。実際、卵巣を取り除くことで脱出のリスクが低下します。女性の健康イニシアチブの研究からのこの驚くべき発見は、今週、北米更年期障害協会(NAMS)のジャーナルである更年期障害にオンラインで公開されました。

癌以外の理由で子宮摘出術で卵巣を摘出するかどうかは、熱い議論の対象となっています。それらを取り除くと、乳がんのリスクが減り、卵巣がんのリスクが劇的に減ります。一方、研究では、卵巣の摘出は、死亡、心血管疾患、肺がん、骨粗鬆症のリスクの増加、および認知能力と性機能の低下と関連しています。そして、多くの人は、卵巣を取り除くことで骨盤臓器脱のリスクも高まると考えていました。(最も一般的な形態は、「膀胱瘤」と呼ばれる膀胱、または「直腸瘤」と呼ばれる直腸の膣への膨らみです。)

しかし、女性の健康イニシアチブ研究のエストロゲンのみの部分における約9,000人の女性の症例のこの分析は、そうではなかったことを示しました。実際、卵巣を保持した女性は、卵巣を摘出し、その後のエストロゲン療法を行わなかった女性よりも、膀胱瘤または直腸瘤を発症するリスクが23%高かったことが報告されました。(統計は、多変量解析で、年齢、出生数、肥満、民族性で調整)。

「脱出に関しては、閉経やエストロゲンの低下よりも年齢の方が重要である可能性が高い」と、NAMS事務局長のマーガリーガス医学博士はコメントした。

分析は、骨盤臓器脱のその他の既知のリスクを裏付けました。最も強いのは複数の子供を出産したことであり、これはリスクを2倍以上にします。肥満はまた、リスクを75%も増加させます。アフリカ系アメリカ人は、ラティーナ、アジア人、ネイティブアメリカン、または白人女性よりも脱出のリスクが低くなっています。

走り始めの6秒間しか蓄積酸素はもたない

心不全の方のケア

関連記事

  1. 高圧酸素による間質性膀胱炎の治療が効果的との可能…

    間質性膀胱炎(IC)の病因はわかっていません。突然発生し、膀胱に激しい痛み…

  2. 毎日の運動は癌による死亡を減らすかもしれません

    JAMA Oncologyが 2020年6月18日にオンラインで公開した研…

  3. 心臓手術後のオピオイドは注意

    2020年6月17日にJAMACardiologyによってオンラインで公開…

  4. 心臓病の増加と子宮摘出術は関係がある

    Obstetricsand Gynecology、2009年5月で報告され…

  5. 帝王切開による出産でも尿トラブルはおきますか?

    帝王切開は、赤ちゃんが生まれてからの回復時間が長くなることを意味しますが、…

  6. 60歳以上の女性で切迫性・混合性尿失禁が増加傾向…

    2005年から13年間の20歳以上の米国女性1万9791人を対象した研究では…

  7. 腹腔鏡メッシュ挿入骨盤臓器脱手術直後の直腸の激し…

    フランスの医師らは腹腔鏡でのメッシュ挿入による副作用もあることを報告してい…

  8. 糖尿病性網膜症:糖尿病関連の眼疾患と視力喪失

    糖尿病性網膜症の有病率は、糖尿病と診断された人々の数の増加により、…

PAGE TOP