menu

腹圧性尿失禁と過活動膀胱がレーザー治療の効果がある?

台湾の研究者らが、J Obstet Gynecol.に報告した論文では、腹圧性尿失禁で有望とされたレーザー治療が過活動膀胱にも有効であることを示しています。

Effect of non-ablative laser treatment on overactive bladder symptoms, urinary incontinence and sexual function in women with urodynamic stress incontinence
Lin YH, Hsieh WC, Huang L, Liang CC.
J Obstet Gynecol. 2017 Dec;56(6):815-820

2015年4月から2015年6月の間に、過活動膀胱をもつ患者30人は、台湾病院でエルビウム:YAGレーザー治療を受けました。患者は、過活動膀胱質問票、尿流動態検査、1時間のパッド検査といった検査を、およびレーザー治療の前、1か月、3か月後で調査をしました。

すべての項目で改善を認めましたが、6か月の時点でもう一度レーザー治療をうける必要がありえます。

しかし、投薬には副作用があるので、あたらしい検知といえます。

女性の心臓発作

骨盤臓器脱メッシュ術後、死亡例の報道から考える

関連記事

  1. 間質性膀胱炎の統計調査と男女比

    間質性膀胱炎は女性に多い病気です。人口に対する間質性膀胱炎の比率を出すために…

  2. 間質性膀胱炎の治療のためのフラヌマブ研究

    神経成長因子に対するヒトモノクローナル抗体であるフルラヌマブは、あたらしい…

  3. 間質性膀胱炎の高圧酸素治療:前向きパイロット研究…

    間質性膀胱炎に対して高圧酸素治療をする初期の論文です6人の患者が高…

  4. 網膜前膜患者は片眼で物を見る動作が多いことがわか…

    JAMAに報告された新しい報告では、網膜前膜(ERM)成人患者135例を対…

  5. 年齢が高い女性ほど進行した子宮頸がんの診断が多い…

    年齢が高い女性ほど進行した子宮頸がんの診断が多く、長期の生存率も若い女性に比…

  6. 不眠症の科学

    不眠症のない人でも、ぐっすり休むのに苦労することがあります。狂った仕事のスケ…

  7. 認知症とアルコール

    JAMA NetworkOpenによって2019年9月27日にオンラインで…

  8. 小さなリンゴでも糖尿病を防ぐのに役立つかもしれま…

    BMJが2020年7月8日にオンラインで公開した研究によると、果物と野菜の…

PAGE TOP