menu

腹圧性尿失禁を膣レーザー治療で改善する。

クロアチアの研究者による前向きコホート研究は、あたらしい可能性を示します。

2016年にクロアチアのザグレブにあるクリニックで実施された前向きコホート研究では、腹圧性尿失禁(SUI)に苦しむ85人の女性患者を募集しました。2940 nmの波長の非蒸散性Er:YAGレーザーを使用して実行されました。結果は、失禁に関する国際協議質問票-ショートフォーム(ICIQ-UI SF)にて、介入後2〜6か月でICIQ-UIスコアが30%以上減少したことでした。

パルステクノロジーの差

この研究で使われたレーザーは、従来のものとことなり、オリジナルの特許取得済みのVSP(優れたパルス)テクノロジーです。VSPテクノロジーは正方形パルスの制御された配列を正確に作るのですが、このパルスは余分なレーザーエネルギーを皮膚や他の組織に吸収するのを最小化することによって医療事故防止を最大化する働きを担っています。身体にストレスのないパルスパワーにより、VSPは成長と長期にわたる減少を回避しているのです。強すぎると、パルスパワーが不要なレーザーエネルギーを体の組織に与えてしまうのです。強すぎるレーザーエネルギーは非効率的に熱に変えられ、そうなると不要な副作用の危険が増加され、治療の効果を薄めてしまいます。開発したFotona社は、VSPテクノロジーは周囲組織に熱を与えてしまうという問題を解決し、そうすることで使用者は特定の組織を比類ない有効性で確実に治療することができるのです

乳がんは古代から人類の敵でした。

若い女性アスリートの性ホルモン異常(女性ランナーの月経障害)が食事で改善できる?

関連記事

  1. 高圧酸素による間質性膀胱炎の治療が効果的との可能…

    間質性膀胱炎(IC)の病因はわかっていません。突然発生し、膀胱に激しい痛み…

  2. 毎日の運動は癌による死亡を減らすかもしれません

    JAMA Oncologyが 2020年6月18日にオンラインで公開した研…

  3. 心臓手術後のオピオイドは注意

    2020年6月17日にJAMACardiologyによってオンラインで公開…

  4. 心臓病の増加と子宮摘出術は関係がある

    Obstetricsand Gynecology、2009年5月で報告され…

  5. 帝王切開による出産でも尿トラブルはおきますか?

    帝王切開は、赤ちゃんが生まれてからの回復時間が長くなることを意味しますが、…

  6. 60歳以上の女性で切迫性・混合性尿失禁が増加傾向…

    2005年から13年間の20歳以上の米国女性1万9791人を対象した研究では…

  7. 腹腔鏡メッシュ挿入骨盤臓器脱手術直後の直腸の激し…

    フランスの医師らは腹腔鏡でのメッシュ挿入による副作用もあることを報告してい…

  8. 糖尿病性網膜症:糖尿病関連の眼疾患と視力喪失

    糖尿病性網膜症の有病率は、糖尿病と診断された人々の数の増加により、…

PAGE TOP