menu

行動療法は過活動膀胱の症状を和らげることができます

しかし、2020年1月13日にJAMA内科によってオンラインで公開された研究は、行動療法を追加することがより良い結果につながる可能性があることを示唆しています。

男性は、頻尿、尿意切迫感、失禁、夜間頻尿(夜間頻尿)などの過活動膀胱の症状を管理するために、薬物に依存することがよくあります。今回の研究は、行動療法の効果をみて、薬物の依存を減らそうというものです。

科学者は過活動膀胱症状のある200人以上の男性(平均年齢64歳)を募集し、ランダムに3つのグループに分けました。1つのグループは薬物療法のみを受けました。1人は、骨盤底運動とリラクゼーション法を学び、衝動を抑えて尿の喪失を防ぐ行動療法のみを受けました。3番目のグループは行動療法と薬物療法の両方を受けました。

6週間後、頻尿、尿意切迫感、夜間頻尿は、併用療法群で最も改善しました。併用群の患者はまた、失禁エピソードの数を平均79%減少させました。比較すると、行動および薬物のみのグループのグループは、それぞれ平均してわずか52%だけ失禁エピソードを減らしました。

研究者らはまた、行動療法を追加することで、過活動膀胱の薬を服用している男性が低用量を使用できるようになる可能性があり、口渇や便秘などの副作用を減らすことができると指摘しました。

この行動療法は、腹圧性尿失禁、骨盤臓器脱、閉経関連性器泌尿器症候群(GSM)などの女性の疾患、前立腺肥大症、前立腺炎といった男性の疾患にも効果があると予測されます。

線維筋痛症

薬剤耐性尿路感染の問題

関連記事

  1. 人工知能の予測によると乳がん死亡者が1%増加する…

    新型コロナウイルス感染症(COVID…

  2. スクリーニングのマンモグラフィは何歳まで続けます…

    ほとんどの女性は、不快でストレスを感じる可能性のある日常的なマンモグラムを…

  3. 心不全は、日帰り手術での 90日の死亡率と30日…

    医学誌JAMAに発表されたスタンフォード大学の研究者らは、日帰り手…

  4. 黒色腫は必ずしも既存のほくろから発生するとは限り…

    疑わしいほくろが皮膚がんの可能性をチェックすることは重要ですが、2017年…

  5. 心臓病と癌のリスクは関連している可能性があります…

    2019年11月にアメリカ心臓協会の科学セッションで発表された研究によると…

  6. 便秘があると心血管疾患リスクが上昇するらしい

    英国の医学誌BMJに報告された最新の論文によると、デンマークの病院および外…

  7. ビタミンB群は喫煙する男性の肺がんのリスクを高め…

    Journal of ClinicalOncologyに掲載され研究報告は…

  8. 膀胱痛症候群(BPS)と妊娠

    膀胱痛症候群(BPS)は、理解が不足している状態です。妊娠中には、下部尿路症…

PAGE TOP