menu

糖尿病性網膜症:糖尿病関連の眼疾患と視力喪失

糖尿病性網膜症の有病率は、糖尿病と診断された人々の数の増加により、過去20年間で大幅に増加しています。

糖尿病は網膜にどのように影響しますか?

網膜は、目の後ろにある光感知コンポーネントです。血管、神経細胞(ニューロン)、光受容体と呼ばれる特殊な細胞で構成されており、光を直接感知します。光を感知する網膜の能力は、血管を循環する血液によって供給される酸素に依存するエネルギーを必要とします。

糖尿病では、血糖値の上昇が網膜の血管に損傷を与えます。これらの損傷した血管は、体液を漏らし、出血し、網膜に十分な酸素を供給せず、網膜虚血を引き起こします。その結果、網膜細胞が死に始め、網膜が適切に機能できなくなります。さらに、糖尿病は網膜のニューロンにも直接損傷を与えます。一緒に、これらの影響は糖尿病性網膜症を引き起こします。

糖尿病性網膜症に関連する視力喪失は、糖尿病性黄斑浮腫と呼ばれる状態のために、最初は中心視力に影響を与える可能性があります。鮮明な中心視力の原因となる網膜の一部である黄斑のこの腫れは、かすみ目や画像の歪みにつながる可能性があります。

進行した糖尿病性網膜症は、目の内部で出血する可能性のある不規則な血管の形成を特徴とし、視力の急速な喪失を引き起こします。これにより、血液が目の内側を満たし、カーテンのような突然の視力低下が起こります。進行した糖尿病性網膜症のさらなる悪化は、網膜剥離につながる可能性があり、これは緊急の外科的介入を必要とし、迅速に治療されない場合、永続的で不可逆的な視力喪失をもたらす可能性があります。

糖尿病性網膜症を予防するために何ができますか?

米国糖尿病学会は、合併症のリスクを防ぐために、ほとんどの糖尿病患者がA1cレベル(過去2〜3か月間の平均血糖値の測定値)を7%未満に保つことを推奨しています。血糖値は網膜血管に直接損傷を与えるため、血糖コントロールが糖尿病性網膜症の発生率と重症度の低下につながるという強力な疫学的証拠があります。

網膜症、腎症(腎疾患)、神経障害(神経損傷)など、糖尿病の心血管系および微小血管系の合併症を軽減するために、正常な血圧を達成し、維持することが推奨されます。血圧の低下は糖尿病性網膜症の発症を遅らせる可能性がありますが、血圧を制御することで確立された糖尿病性網膜症の経過を変えることができるかどうかは不明です。同様に、コレステロールの管理は全体的な糖尿病管理のために提唱されていますが、そうすることで糖尿病性網膜症のリスクが減少するかどうかは明らかではありません。

糖尿病性網膜症かどうかはどうすればわかりますか?

眼科医は、視力に影響が出る前に糖尿病性網膜症の診断と治療を開始できます。一般に、1型糖尿病の人は、病気の発症から5年後から、年に1回眼科医の診察を受ける必要があります。2型糖尿病の人は、診断後すぐに眼科医に網膜検査を受けてもらい、その後は毎年の検査をスケジュールする必要があります。妊娠中またはより進行した糖尿病性網膜症の場合は、眼科医にもっと頻繁に診てもらう必要があるかもしれません。

糖尿病性網膜症の場合、視力喪失を予防または遅らせるために何ができますか?

上記のように、血管への損傷は網膜から酸素を奪います。酸素が不足すると、血管内皮増殖因子(VEGF)と呼ばれるシグナルタンパク質が生成されます。VEGFと眼疾患におけるその役割は、ハーバード大学医学部で最初に発見されました。

現在、VEGFに結合し、その後糖尿病性網膜症の症状を改善することができる薬があります。これらの「抗VEGF」剤は眼に直接注射され、糖尿病性黄斑浮腫を改善することができ、糖尿病性網膜症の重症度を改善することさえできます。一部の人々では、ステロイドを直接眼に注射すると、糖尿病性黄斑浮腫も改善する可能性があります。増殖性糖尿病性網膜症(糖尿病性網膜症の最も進行した形態)のいくつかの進行した症例では、患者は、出血および漏出を停止または遅らせるため、損傷した血管を収縮させるため、または血液および瘢痕組織を除去するために網膜レーザー療法または網膜手術を必要とする場合があります。

タダラフィルの適応

間質性膀胱炎のハンナ病変

関連記事

  1. 大豆レシチンや卵黄や落花生油の活性成分パルミトイ…

    大豆レシチンや卵黄や落花生油に抗炎症作用と鎮痛作用を示す成分があることが知ら…

  2. 骨盤臓器脱メッシュ手術に厳しい警告

    骨盤臓器脱の外科的治療手術の前に、すべての問題が特定されていること…

  3. 経腟分娩は、骨盤底障害を起こしやすい

    経膣分娩と帝王切開分娩後の骨盤底の罹患率について調べた論文があるスペ…

  4. 低用量アスピリンと卵巣がんのリスク

    ハーバード大学の研究者らがJAMA Oncologyが2018年10月4日…

  5. 行動療法は過活動膀胱の症状を和らげることができま…

    男性は、頻尿、切迫感、失禁、夜間頻尿(夜にトイレを使わなければならない)な…

  6. 間質性膀胱炎の統計調査と男女比

    間質性膀胱炎は女性に多い病気です。人口に対する間質性膀胱炎の比率を出すために…

  7. COVID-19の隠された長期的な認知効果

    新しい研究は現在、700万人以上のアメリカ人と世界中でさらに2700万人を…

  8. 人工知能(AI)を使用して、早期乳がんの進展を予…

    American Journal of Physiology-Cell P…

PAGE TOP