menu

骨盤臓器脱予防には、あなたのコアを鍛える!

胴体の中心の筋肉の強さを構築すると、バランスと可動性を向上させるのに役立ちます。

コアは、日々の安定性と機能的な動きにとって重要です。たとえば、立ったり、曲げたり、ねじったり、座ったりする場合はすべてコアの筋肉が必要です。コアが強いため、人々は高い棚で眼鏡をかけ、重い買い物袋を持って歩きながらバランスを保つことができます。

骨盤底そのものならケーゲル体操

ケーゲル体操は、子宮、膀胱、その他の骨盤内臓を支える骨盤の筋肉を強化するのに役立ちます。ケーゲルを実行する方法がわかりませんか?専門家は、ガスを制御するのと同じように、膣と肛門の筋肉を引き締めることを提案しています。絞って5秒間押し続け、リラックスして繰り返します。1日3回、それぞれ10回または15回の繰り返しを行うと、時間の経過とともに骨盤底筋を強化するのに役立ちます。

筋力の低下

30歳以上で、定期的に筋力トレーニングを行わない場合は、20代よりもすでに弱いコアマッスルを使用している可能性があります。専門家は、30歳以降10年ごとに、人々は筋肉量の3%から5%を失う可能性があると推定しています。体調を維持していない50歳の女性は、すでに筋肉量の10%を失っている可能性があります。

ハーバード大のお勧めは プランク

フロントプランクは、コアをきたえる良い方法です

手と膝から始めましょう。腹部の筋肉を締め、上半身を前腕に下ろし、両手を握りしめ、肩をひじの真上に合わせます。足を曲げ、つま先が床に触れた状態で両足を伸ばし、板のように体のバランスを取ります。このまま維持します。合計60秒間保持し、その合計に達するまで必要な回数だけ繰り返します。たとえば、15秒間保持できる場合、4回繰り返します。

さらに上級者になったら、手を交互にだしてみましょう

Femaleという単語に込められた女性の愛

VIEW medical site薬剤耐性尿路感染症の増大する問題

関連記事

  1. がんをスクリーニングする新しい方法

    早期がんを検出するための血液検査は、これまで以上に現実に。…

  2. 普通は女性は尿が漏れると聞いたのに、閉経とともに…

    一般に女性の尿トラブルは尿失禁とされますが、閉経とともに排尿困難がしばしば…

  3. 脳炎の原因感染

    脳炎は脳の炎症を意味します。この炎症は通常、ウイルス感染によって引き起こさ…

  4. 心臓病の性差

    心臓発作の症状は男性と女性で異なりますが、思ったほどではありません。…

  5. 痛風を治療する

    痛風は最も一般的なタイプの炎症性関節炎です。これは、関節内の尿酸の結晶化によ…

  6. スクリーニングのマンモグラフィは何歳まで続けます…

    ほとんどの女性は、不快でストレスを感じる可能性のある日常的なマンモグラムを…

  7. 認知症とアルコール

    JAMA NetworkOpenによって2019年9月27日にオンラインで…

  8. シフト勤務は睡眠と健康に害を及ぼすことがあります…

    シフト勤務障害とは何ですか?…

PAGE TOP