menu

腹腔鏡メッシュ挿入骨盤臓器脱手術直後の直腸の激しい痛み

フランスの医師らは腹腔鏡でのメッシュ挿入による副作用もあることを報告しています。

Rectal injury during laparoscopic mesh removal after sacrocervicopexy

Ohad Gluck , Ehud Grinstein , Mija Blaganje , Nikolaus Veit-Rubin , Bruno Deval IUJ Video

このビデオでは、腹腔鏡下メッシュ挿入手術の後に、メッシュのトラブルがでてメッシュを取り外していた際に起きてしまった直腸の損傷について、述べていきます。

骨盤臓器脱を持つ患者(64歳)に対して、4年前、腹腔鏡下メッシュ挿入手術が行われましたが、術後は、座ることもできず、ひどく痛むなど、直腸の激しい痛みに悩まされていました。

医師が肛門から肛門挙筋を触診した際、メッシュが痛みの原因ではないかと考えました。そこで、メッシュ除去を提案しました。

そのメッシュは左側を腹腔鏡下で完全に除去することとなりました。この手術の間、直腸が破れていることがわかったので、二層縫合による緊急治療が追加されました。その後彼女の痛みは迅速かつ完全に解消しました。再発や術後合併症もありません。腹腔鏡手術はメッシュを切除するのに効果的な方法だと考えられます。手術中に出来た傷を認識するための高基準の確認ができるからです。

角膜のヘルペス感染

顔の表情から痛みの強さを検出する人工知能:アンサンブルニューラルネットワークアプローチ

関連記事

  1. 太極拳は女性の骨を守ります

    Journal of the American Geriatrics Soc…

  2. 最近の試験では、間質性膀胱炎に対するDMSO膀胱…

    ジメチルスルホキシド(DMSO)は、間質性膀胱炎/膀胱症候群(IC / P…

  3. 英国政府は再びメッシュ使用を認めたが、英国トップ…

    NICEガイドラインのリリースにより、MESHをNHSで再び使用できるよう…

  4. アルツハイマー認知症とリンゴ

    2020年4月22日にオンラインで公開されたThe America…

  5. 更年期障害の症状と胃食道逆流症(GERD)の関連…

    最近の研究によると、更年期障害の症状に対してホルモン療法を行っている女性は、…

  6. 英国では、骨盤臓器脱メッシュ手術のリスクの認識を…

    世界に先駆けて骨盤臓器脱メッシュ手術の危険性を政府が認めた英国では、手術の…

  7. 便秘があると心血管疾患リスクが上昇するらしい

    英国の医学誌BMJに報告された最新の論文によると、デンマークの病院および外…

  8. 頭痛

    頭痛は非常に一般的であるという事実にもかかわらず、医師は頭痛が発生する理…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP