menu

GSM(閉経関連性器泌尿器症候群)に膣レーザー治療は効きますか?

ストレス性尿失禁(SUI)や外陰膣萎縮(VVA)など閉経関連泌尿生殖器症候群(GSM)の治療用の認可をカナダの食品医薬品法・規制機関であるカナダ保健省が、Fotona社の製品Fotona SMOOTH(R)テクノロジーを承認しました。これで、GSMの治療機器が出現したことで、GSM治療が一層充実してきたといえます。

ユニークな医療機器

特許取得済みのFotona SMOOTH(R)テクノロジーは、市場で非常にユニークな位置を占めており、医療提供者と患者向けの有力なソリューションとなっています。競合するレーザー技術とは異なり、Fotona SMOOTH(R)は完全に非剥離性で、付加的表面熱ショック組織再生メカニズムと独自の自己調節安全機能を組み合わせている。こうしたFotona SMOOTH(R)の二重組織再生特性は、ストレス尿失禁や閉経関連泌尿生殖器症候群の症状を緩和するため膣壁の温熱療法に使用された際の、Fotona Er:YAGレーザーの並外れた安全性と有効性が報告されている理由と考えられています。

機器の特徴は?

1064nmと2940nmの2つの相補波長をFotona独自のパルス特性と組み合わせたDynamis PROは、婦人科だけでなく手術やエステティックの分野でも幅広い応用が可能な多目的システムです。ロボット式Gランナーは、容易かつ正確な革新的膣内治療を可能にする。この革新的技術こそ、医療提供者が患者に最適な転帰をもたらし、さらにクラス最高の仕事を達成するためにFotonaを選択する理由です。

膣へのエネルギー危機は警告を受けたばかりだが、今回の会社のみ受けていない

2018年アメリカ政府は、特定のデバイスメーカーに対して実行するためのエネルギーベースの医療機器の安全性と有効性は確立されていないと警告をだしたばかりであった。この中に、今回のFotona社は警告をうけていなかった。

VIEW medical site温熱療法がパフォーマンスを高めることができるか

VIEW medical siteプロバイオティクスは、細菌性膣炎の再発を防ぐのに役立つ可能性があります

関連記事

  1. 大腸憩室炎から身を守る

    60〜80歳の人類の約半数が憩室症を患っています。憩室症と呼ばれるエンドウ…

  2. 英国で膀胱部痛症候群のガイドラインができました

    尿がたまると膀胱が痛い疾患、間質性膀胱炎・膀胱部痛症候群について、英国から…

  3. 心臓に良い食事は低脂肪である必要はありません

    40年以上の間、アメリカ心臓協会を含むほとんどの主要な健康組織は、低脂肪食を…

  4. レーザー尿失禁治療のエビデンス

    2021年10月18日フォトナ社の主要オピニオンリーダーのDr.Ba…

  5. 歯周病を年配の女性の癌

    Cancer Epidemiology、Biomarkers&Preven…

  6. ウロダイナミック検査って、何ですか?

    ウロダイナミック検査(尿流動態検査)は、膀胱、括約筋、および尿道が、尿をどの…

  7. 慢性関節炎があってもスポーツできます

    痛みがない、怪我から回復している、または慢性関節炎を管理している場合でも、次…

  8. 若くても骨盤臓器脱になりますか?

    多くのわかい女性でも不快感に悩まされていますが、相談できないため実態がわ…

PAGE TOP