menu

便失禁

意図せず便が直腸から漏れることを便失禁といいます。通常の状況では、便は直腸と呼ばれる大腸の端部に入り、排便が起こるまで一時的に保管されます。直腸が便で満たされると、肛門括約筋(肛門管を取り巻く円形の筋肉)が、意識による(制御された)排便が行われるまで、糞便が直腸から出てくるのを防ぎます。

さまざまな状態が失禁を引き起こす可能性があります。失禁の最も一般的な理由は、肛門括約筋が弱くなりすぎて、便を直腸に保持できないことです。あるいは、直腸が便を蓄える能力を失い始めたり、直腸がいっぱいになったことを感じることができなくなったりすることがあります。また、人は腸を空にする必要性を認識し、時間内にトイレに到着するのに十分な機動性を備えている必要があります。何らかの原因による下痢は失禁を悪化させます(固形便よりも液体便の管理が難しいため)。

原因

肛門括約筋は、筋肉への直接的な損傷、または筋肉を正常に収縮させる神経への損傷のいずれかによって弱くなる可能性があります。

筋肉の損傷は、次の原因で発生する可能性があります。

  • 出産
  • 直腸手術
  • 炎症性腸疾患(特にクローン病)
  • トラウマ
  • 神経の損傷は、次の原因で発生する可能性があります。
  • 糖尿病
  • 脊髄損傷
  • 多発性硬化症
  • 未知の要因

括約筋は、加齢とともに弱くなることがあります。これは、加齢とともにすべての体の筋肉が弱くなる傾向があるためです。

症状

便失禁の症状は、液体便の断続的な軽度の斑点から、固形便を完全に封じ込めることができないことまでさまざまです。

診断

他の肛門または直腸の病気と同様に、医師は最初に肛門領域を検査し、手袋をはめた指で肛門の内側を感じ(直腸指診)、小さな短いスコープで肛門管の内側を見る(肛門鏡)ことによって失禁を評価します。括約筋に損傷がある場合は、肛門管に目に見える欠陥または瘢痕がある可能性があります。

また、直腸指診は括約筋の衰弱を明らかにするかもしれません。神経の損傷は、医師が肛門に触れて括約筋が正常に収縮するかどうかを確認するウィンクテストで特定される場合があります。

次の検査はしばしばS状結腸鏡検査です。医師は、炎症、腫瘍、またはその他の問題を探すために、細い柔軟なチューブ(ライトとビデオカメラが取り付けられている)を直腸に挿入します。医師は、さらに上流の結腸の問題を探すために、バリウム浣腸X線または結腸内視鏡検査を提案する場合もあります。

さらなる診断検査には、肛門内圧測定、筋電図検査(EMG)、および肛門超音波検査が含まれる場合があります。肛門マノメトリーは、肛門括約筋の強度を測定します。EMGは、括約筋に向かう神経の機能を測定します。肛門の超音波は、筋肉の構造の画像を提供することができます(筋肉に裂け目や欠陥があるかどうかを確認するためです)。

予想される期間

重度の下痢や宿便などの一時的な問題が原因である場合、便失禁はその問題が治療されると消えます。ただし、場合によっては、便失禁がひどくなり、制御が非常に困難になることがあります。これは、高齢者、虚弱者、または動けない人に発生する可能性が高くなります。

治療

便失禁の治療は、問題の原因によって異なります。便失禁が下痢の結果である場合、オオバコを含む繊維サプリメントは、直腸の膨満感を高める、より硬い便を作るのに役立つ可能性があります。ロペラミドなどの下痢止め薬は、下痢を治療するための他の選択肢です。

状態が宿便の結果である場合、硬化した便は手または浣腸で取り除くことができます。日中に漏れる便が少なくなるので、毎朝(時にはグリセリン坐剤または浣腸の助けを借りて)直腸を完全に空にすることが役立つかもしれません。

骨盤筋運動(ケーゲル体操)が役立つ場合があります。括約筋の収縮を少なくとも1日3回練習する必要があります。直腸が膨満していると感じるときはいつでも、肛門の筋肉を収縮させることも重要です。

慢性便失禁を治療する効果的な方法は、バイオフィードバックを使用することです。人々は、モニターと看護師の助けを借りて、括約筋の収縮と、便が直腸にあるときに発生する膨満感とを調整することを学ぶことができます。テクニックを学ぶには、忍耐と練習が必要です。

保存的治療が失敗した場合、最後の選択肢は手術です。一部の人々は、肛門括約筋を外科的に修復する手術(「括約筋形成術」)の恩恵を受けています。括約筋形成術は、出産、外傷、または以前の手術によって筋肉に大きな損傷があったことがテストで示された場合にのみ有効です(神経損傷または加齢だけで括約筋が弱い場合は効果がありません)。

別のオプションは、括約筋の収縮を助けるために尾骨の上に電気刺激電極を埋め込むことです(「仙骨神経刺激」)。人工肛門括約筋装置が利用可能ですが、それらはかなりの合併症率を持っています。ただし、これらの手順はすべて、中程度の成功率しかありません。

最後に、他のすべてが失敗した場合、人工肛門を作成するための手術は、重度の失禁の一部の患者の生活の質を改善することができます。

近い将来の治療

ここで新しく出てきたのが、レーザー治療による括約筋の強化です。もともとは、腹圧性尿失禁がレーザーで治癒することから、骨盤臓器脱や便失禁に応用されてきたもので、論文が出始めたところです

心房細動へのアブレーションは認知症リスクを低下させる

オンライン診療:妊婦検診は評判がいい

関連記事

  1. アルツハイマー認知症には、運動を

    アルツハイマー認知症には、ランニングをもちろん、ウオーキングでもいいです…

  2. 腸内細菌が作るホルモンで、身体を大切にしよう

    私たち人間の腸の中には、500種類以上の腸内細菌がいます。その数は、なんと1…

  3. シフト勤務は睡眠と健康に害を及ぼすことがあります…

    シフト勤務障害とは何ですか?…

  4. がんサバイバーの睡眠は治療後ずっと影響を受けます…

    がんの診断とその集中的な治療のストレスが過ぎると、人生が正常に戻ることが期待…

  5. 深刻な目の問題の警告サイン

    目は老化の損耗から免除されていません。加齢に伴う目の変化の中には、…

  6. 過活動膀胱症状と性機能を同時に治療することがトレ…

    J Obstet Gynecol 2017年に報告された台湾の産婦人科医ら…

  7. 痔核は癌のリスクを高めますか?

    痔核は、結腸がんや直腸がんのリスクを引き起こしたり、増加させたりすることは…

  8. メッシュ手術摘出事業:英国政府が導入するメッシュ…

    2018年に中止された、尿失禁や骨盤臓器脱につかうメッシュ手術。2020年…

PAGE TOP