menu

前立腺がんのPSAスクリーニングを継続するべきか?

年齢に関係なく、男性は、PSA(前立腺特異抗原)の血液検査を受けて隠れた前立腺がんを探します。

いくつかのガイドラインは70歳以降に前立腺がんのスクリーニングを中止することを提案していますが、継続するかどうかの決定はあなたの一般的な健康と平均余命に依存します。ほとんどの前立腺がんは軽度であり、男性の寿命を縮めたり、生活の質を低下させたりすることはありません。一方、より早期に高悪性度のがんを診断することは、がんの拡大を防ぐための治療につながる可能性があります。これが、継続するべきか、考えてしまう理由です

 

以前は、前立腺生検だけだったが、、

以前は、PSA値が高いか上昇している男性は、即時の前立腺生検(癌の位置を特定してその重症度を評価するため)を行うか、ある程度の不確実性を持って生活するかを選択する必要がありました。今日、他の検査は癌、特に広がる可能性が高い癌の存在を予測するのに役立ちます。例としては、MRI(磁気共鳴画像法)、PSA血液検査の特定のサブタイプ、特定の遺伝子マーカーの尿検査などがあります。前立腺がんのスクリーニングを選択したが、がんの可能性が高い場合でも即時治療を望まない男性の場合、2つの主な戦略は注意深い経過観察または積極的な監視です。

 

積極的なサーベイランスには前立腺生検が必須

積極的なサーベイランス戦略では、最初に前立腺生検を行って、がんのサイズと転移の可能性を特定する必要があります。高悪性度および多くの中悪性度の前立腺がんは、通常、治療がすぐに開始されるため、積極的な監視の対象にはなりません。ただし、この戦略は、低悪性度のがんの綿密なモニタリングに慣れている男性にとっての選択肢です。積極的なサーベイランスには、より頻繁なPSA検査(時間の経過に伴うレベルの上昇を探すため)と、おそらく定期的な前立腺生検が含まれます。

 

 

 

 

においのリハビリテーション

60歳以上の女性で切迫性・混合性尿失禁が増加傾向

関連記事

  1. COVID-19とインフルエンザシーズン:どうす…

    私たちはCOVIDのパンデミックの真っ只中にありますが、これが毎年のインフ…

  2. 間質性膀胱炎のハンナ病変

    間質性膀胱炎で重症の人にあるハンナ病変は、痛みが強くでる原因になります。…

  3. 認知症とアルコール

    JAMA NetworkOpenによって2019年9月27日にオンラインで…

  4. 癌のリスク増加に関連する歯周病

    歯周病になると、心臓病など、歯の喪失以外の多くの健康上の問題のリスクが高ま…

  5. 膀胱訓練。手術なしで過活動膀胱を治そう!

    過活動膀胱(切迫性尿失禁と頻尿が同時にあるもの)は、膀胱に尿をためることが…

  6. 健康的なセックスライフの心臓

    定期的な性生活は多くの心臓の健康上の利点を提供します。しかし、あなたは心臓…

  7. 前立腺がんの診断に、MRIが生検より有効なケース…

    医学誌Eur Urolに報告されている研究では、前立腺特異抗原(PSA)値上…

  8. メッシュを使用した鼠径ヘルニア修復手術の鼠径部疼…

    この研究は、メッシュを使用した鼠径ヘルニア修復手術(MPR)において、慢性手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP