menu

出産による肛門括約筋の損傷が生活の質に及ぼす影響

産科肛門括約筋損傷と診断された患者は、平均37ヶ月のフォローアップ期間で、臨床症状の結果を知らされていない2人の研究者が、後にセントマークス失禁スコアと相関した残存肛門括約筋欠損の存在について超音波量を評価しました。

Ceska Gynekol. Summer 2021;86(3):163-166. doi: 10.48095/cccg2021163.
Impact of residual defect of anal sphincter on patients quality of life

このグループは、産後3か月に肛門括約筋の超音波検査を受けた産科肛門括約筋損傷と診断された181人の患者で構成されています。質問票は118人の患者(全患者の65.2%)によって記入されました。

残存括約筋欠損が診断された-7例(5.9%)。欠陥が残っているグループでは、57.1%に急な便意(排便を延期する能力の欠如)が見られました。

肛門括約筋の欠損が残っていないグループでは、12.6%に急な便意が見られました。

この差は、偶発係数0.291で有意(<0.001)です。

 

経腟分娩は、骨盤底障害を起こしやすい

間質性膀胱炎の生活と良くない薬

関連記事

  1. 人工知能の予測によると乳がん死亡者が1%増加する…

    新型コロナウイルス感染症(COVID…

  2. スクリーニングのマンモグラフィは何歳まで続けます…

    ほとんどの女性は、不快でストレスを感じる可能性のある日常的なマンモグラムを…

  3. ケーゲル体操(骨盤底筋体操)

    ケーゲルを実行するには、最初に骨盤底筋を見つけてから、繰り返し収縮してリラ…

  4. 黒色腫は必ずしも既存のほくろから発生するとは限り…

    疑わしいほくろが皮膚がんの可能性をチェックすることは重要ですが、2017年…

  5. 心臓病と癌のリスクは関連している可能性があります…

    2019年11月にアメリカ心臓協会の科学セッションで発表された研究によると…

  6. 深刻な目の問題の警告サイン

    目は老化の損耗から免除されていません。加齢に伴う目の変化の中には、…

  7. 膀胱痛症候群(BPS)と妊娠

    膀胱痛症候群(BPS)は、理解が不足している状態です。妊娠中には、下部尿路症…

  8. 便失禁

    意図せず便が直腸から漏れることを便失禁といいます。通常の状況では、便は直腸…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP