menu

経腟分娩は、骨盤底障害を起こしやすい

経膣分娩と帝王切開分娩後の骨盤底の罹患率について調べた論文がある

スペインの研究者が2021年に発表したものである。

J Clin Med
. 2021 Apr 13;10(8):1652. doi: 10.3390/jcm10081652.
Pelvic Floor Morbidity Following Vaginal Delivery versus Cesarean Delivery: Systematic Review and Meta-Analysis

「骨盤底障害」または「骨盤底罹患率」および「分娩」の組み合わせで、2009年12月から2019年12月に学術論文として発表されたものを再検討した。

1,597,303人の参加者からなる適格基準を満たす13の研究が特定された。

尿失禁(UI)27.9%(報告された症例を伴う7件の研究で5411人の患者)、骨盤臓器脱(POP)14.2%(報告された症例を伴う8件の研究で6019人の患者)、および肛門失禁(AI)0.4%(報告された症例を伴う5件の研究)の3つが、この中に含まれました

 

経腟分娩(VD)グループと帝王切開(CD)グループの3つの罹患率すべてと全体的な罹患率を調べると、

UI OR = 2.17、95%CI 1.64-2.87、不均一性≤0.0001のp、I 2 = 84%;

POP OR = 3.28、95%CI 1.91-5.63、異質性≤0.043のp、I 2= 63%;

AI OR = 1.53、95%CI 1.32-1.77; 不均一性≤0.291の場合のp、I 2 = 20%;

全体的な罹患率(OR = 2.17、95%CI 1.64-2.87;不均一性≤0.0001のp、I 2 = 84%)。

と統計確認されました

このことから、膣分娩は、主にUI、POP、AIなどの骨盤底障害の出現に直接関係しているといえます

 

 

 

 

 

 

腸内細菌を調整すると、がん治療に対する反応が改善の可能性

出産による肛門括約筋の損傷が生活の質に及ぼす影響

関連記事

  1. 性器領域のティーレ・マッサージは、間質性膀胱炎へ…

    エジプトの医師らは、性器領域を含む骨盤のマッサージ”ティーレ・マッサージ”が…

  2. 最近の試験では、間質性膀胱炎に対するDMSO膀胱…

    ジメチルスルホキシド(DMSO)は、間質性膀胱炎/膀胱症候群(IC / P…

  3. 英国政府は再びメッシュ使用を認めたが、英国トップ…

    NICEガイドラインのリリースにより、MESHをNHSで再び使用できるよう…

  4. アルツハイマー認知症と音楽

    あなたが音楽を聴いているとき、複数の脳の領域が活動で明るくなります、と彼は…

  5. 更年期障害の症状と胃食道逆流症(GERD)の関連…

    最近の研究によると、更年期障害の症状に対してホルモン療法を行っている女性は、…

  6. 英国では、骨盤臓器脱メッシュ手術のリスクの認識を…

    世界に先駆けて骨盤臓器脱メッシュ手術の危険性を政府が認めた英国では、手術の…

  7. 深刻な目の問題の警告サイン

    目は老化の損耗から免除されていません。加齢に伴う目の変化の中には、…

  8. 心臓リハビリテーションプログラム

    心臓リハビリテーション(CR)、または「心臓リハビリテーション」は、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP