menu

慢性膀胱痛・間質性膀胱炎に対して、新たなエビデンスは、神経調整が有望な治療法であることを示唆しており、

慢性骨盤痛と間質性膀胱炎は、多くの医療専門家が関与し、治療が難しい状態です。機能的な膀胱疾患のための仙骨刺激療法はよく確立されていますが、慢性骨盤痛を治療するための他の神経調整技術の利用に関する大規模なエビデンスはほとんど存在しません。新たなエビデンスは、神経調整が有望な治療法であることを示唆しており、慢性骨盤痛症候群の治療におけるこれらの技術の使用と効果を特定することを目的としています。

Neuromodulation for the management of chronic pelvic pain syndromes: A systematic review.

Gish B, Langford B, Sobey C, Singh C, Abdullah N, Walker J, Gray H, Hagedorn J, Ghosh P, Patel K, Deer T.Pain Pract. 2023 Sep 19. doi: 10.1111/papr.13295. 

 

方法: 神経調整を用いた慢性骨盤痛症候群の治療を示す文献の体系的なレビュー。要約を審査し、ケースシリーズ、前向き研究、および無作為化比較試験(RCT)を含む、含めるために選択されました。ケーススタディや抄録のみの出版物は含まれていません。この体系的レビューの報告は、体系的レビューとメタ分析のための優先報告項目(PRISMA)に従っています。文献検索は、MEDLINE、Embase、Cochrane Library、PubMed、CINAHL、およびScopusを使用して実施されました。

結果: このレビューには合計で50の研究が含まれ、そのうち3つは無作為化比較試験であり、残りは前向きおよび後向きのケースシリーズでした。治療対象とされた骨盤痛疾患の範囲には、膀胱間質性炎、末梢神経痛、坐部神経痛、消化器痛、泌尿器疼痛、仙腸関節痛、および内臓の慢性骨盤痛が含まれています。痛み、機能性、心理社会的な改善、および薬物削減に関連する結果について報告しました。

結論: 神経調整はさまざまな慢性疼痛症候群の治療法として成長しています。末梢神経刺激療法は最も研究されていない形態でした。腓腹後神経刺激療法は短期的な利益を提供するようですが、長期的な結果は難しいです。仙骨神経刺激療法は機能的な膀胱症候群での使用が確立されており、これらの患者においても痛みの改善を提供するようです。脊髄神経節刺激療法と脊髄刺激療法は、さまざまな疾患に使用され、有望な結果をもたらしています。この時点では強力な推奨ができる前に、均質な患者集団に関するさらなる研究が必要ですが、結果の統合分析も影響を与える可能性があります。

膀胱痛症候群(BPS)と妊娠

コーガン症候群

関連記事

  1. 尿道憩室切除をした後の尿失禁は、人工メッシュテー…

    尿道憩室はわかい女性にも多く存在する治療しにくい病気です。先天的に尿道の脇…

  2. 行動療法は過活動膀胱の症状を和らげることができま…

    しかし、2020年1月13日にJAMA内科によってオンラインで公開された研…

  3. 痛風を治療する

    痛風は最も一般的なタイプの炎症性関節炎です。これは、関節内の尿酸の結晶化によ…

  4. 特定の運動は私の骨盤臓器脱を悪化させる可能性があ…

    骨盤臓器脱は、骨盤臓器を支えるお椀型の筋肉や組織の弱体化によって引き起こさ…

  5. 慢性関節炎があってもスポーツできます

    痛みがない、怪我から回復している、または慢性関節炎を管理している場合でも、次…

  6. ネオジムYAGレーザーによる間質性膀胱炎の治療:…

    ネオジムYAGレーザーによる間質性膀胱炎の治療は2001年に発表されて有望…

  7. より大きな認知リスクと関連する抗コリン薬

    Neurologyによって2020年9月2日にオンラインで公開されました論文…

  8. 一般的な外陰部皮膚の管理

    外陰部はいま注目の臓器です。違和感や痛みは、見逃された外陰部の皮膚にある可…

PAGE TOP