menu

間質性膀胱炎の治療のためのフラヌマブ研究

神経成長因子に対するヒトモノクローナル抗体であるフルラヌマブは、あたらしい間質性膀胱炎IC・膀胱部痛症候群BPSの治療の候補と考えられていますが、現在は有効を示す報告はでていません。

Wang, H., Russell, L. J., Kelly, K. M., Wang, S., & Thipphawong, J. (2017). Fulranumab in patients with interstitial cystitis/bladder pain syndrome: observations from a randomized, double-blind, placebo-controlled study. BMC Urology, 17, 2.

フラヌマブは、動物実験における膀胱痛の治療、ならびに変形性関節症および糖尿病性末梢神経障害を有するヒトの疼痛の治療において臨床的有効性を以前に示した。IC / PBSの治療におけるフルラヌマブの使用を含む初期の研究有望でしたが、その後の研究ではこれらの肯定的な結果を再現することはできませんでした。残念ながら、この研究は、フルラヌマブのような抗神経成長抗体が変形性関節症と骨壊死を悪化させる可能性があるという懸念があった期間に実施されました。したがって、この研究は早期に終了し、プラセボと比較したフルラヌマブによるIC / PBSの治療における潜在的な重要性を判断するのに十分な被験者が研究を完了しませんでした。

たった10人の患者がフルラヌマブの3回の投与すべてを受けたのに対し、15人の患者はプラセボの3回すべての投与を受けました。患者は、疼痛管理または鎮痛効果に統計的に有意な差を示さなかった。しかし、フルラヌマブで治療されたグループの間で、全体的な評価尺度にいくらかの改善が認められ、全体的な改善を示しています。フルラヌマブ群の患者はまた、より少ない疾患期間とより低い日中の頻度を報告しました。一般的な副作用は、下痢、手根管症候群、および尿路感染症であり、これらはフルラヌマブの使用とは関連がないか、疑わしいと判断されました。この研究は、最後の投与から26か月間患者を追跡し続けました。

妊娠と間質性膀胱炎

最近の試験では、間質性膀胱炎に対するDMSO膀胱注入とコンドロイチン硫酸2%膀胱注入を比較できていません。

関連記事

  1. 尿道憩室切除をした後の尿失禁は、人工メッシュテー…

    尿道憩室はわかい女性にも多く存在する治療しにくい病気です。先天的に尿道の脇…

  2. 便失禁

    意図せず便が直腸から漏れることを便失禁といいます。通常の状況では、便は直腸…

  3. オンライン診療:妊婦検診は評判がいい

    ミシガン大学の研究者がAm J Obstet Gynecolに報告した研究で…

  4. 特定の運動は私の骨盤臓器脱を悪化させる可能性があ…

    骨盤臓器脱は、骨盤臓器を支えるお椀型の筋肉や組織の弱体化によって引き起こさ…

  5. アルツハイマー認知症には、運動を

    アルツハイマー認知症には、ランニングをもちろん、ウオーキングでもいいです…

  6. ネオジムYAGレーザーによる間質性膀胱炎の治療:…

    ネオジムYAGレーザーによる間質性膀胱炎の治療は2001年に発表されて有望…

  7. 間質性膀胱炎の各国のガイドラインの違い

    膀胱に尿がたまると痛みがある病気が間質性膀胱炎です。この病気は、痛みにともな…

  8. ケーゲル体操(骨盤底筋体操)

    ケーゲルを実行するには、最初に骨盤底筋を見つけてから、繰り返し収縮してリラ…

PAGE TOP