menu

薬剤耐性尿路感染症の増大する問題

2019年11月に発行されたCDCレポートによると、現在、米国では毎年280万を超える抗生物質耐性感染症が発生しています。その中には、最も一般的なものでは治療できなくなった尿路感染症(UTI)の数が増えています。

泌尿器を理解する

泌尿器系はいくつかの要素で構成されています。

腎臓は、血液から毒素や余分な水分をろ過して尿を生成します。左右の腎臓から、尿管と呼ばれる小さなチューブが尿を膀胱に送り、膀胱に液体を蓄えます。尿は、尿道と呼ばれる別のチューブを介して膀胱から排出されます。尿道は、尿を体外に運びます。

UTIは、泌尿器系のさまざまな部分、最も一般的には膀胱で発生する可能性があり、そこでは細菌が溜まって増殖してしまいます。感染のもう1つの一般的な部位は尿道です。UTIが腎臓に影響を与える場合、腎盂腎炎と呼ばれる感染症はより深刻になる可能性があるため、迅速に治療する必要があります。そうでない場合は、腎臓の損傷や生命を脅かす感染症につながる可能性があります。

耐性細菌の増加

UTIを患ったことがある場合は、頻尿、混濁尿、そしてまれに腹痛、発熱、血尿など、多くの不快な症状を引き起こす可能性があることをご存知でしょう。

これらの感染症は常に厄介なものでしたが、過去には通常、トリメトプリム/スルファメトキサゾール(Bactrim)、ニトロフラントイン(Macrobid)、またはシプロフロキサシン(Cipro)などの一般的な抗生物質の短期コースで簡単に治療できました。

しかし、薬剤耐性UTIは、一般的な抗生物質がもはやそれらに対して作用しない可能性があるため、治療をより複雑にしました。これにより、適切な抗生物質の投与が遅れ、腎臓や血流の感染症などの合併症を引き起こす可能性があります。場合によっては、医師はこれらの感染症を取り除くために抗生物質の静脈内投与に頼る必要があります。

細菌耐性は、生物が特定の抗生物質への曝露を生き延びたときに発生します。これにより、耐性菌は薬物に対して強くなります。

閉経後のリスク

特に閉経後の女性は、閉経後の生理学的およびホルモンの変化のために、UTIのリスクがあります。これらの変化には、膣内の組織の菲薄化、膀胱を完全に空にする問題、および感染性微生物の抑制に役立つ善玉菌の増殖を促進する可能性のあるホルモンエストロゲンのレベルの低下が含まれます。このため、閉経後の女性の中には、膣のエストロゲンクリームの効果で治る人もいます。しかし個人差があります。

健康を保ってください

一部のUTIは予防できます。UTIやその他の人間の感染症を引き起こす細菌のほとんどは私たちの体内に住んでいます。UTIを引き起こす細菌は肛門から泌尿器系に侵入する可能性があります。

水分補給を十分に行うことは、UTIの予防に役立つ1つの方法です。排尿は、細菌が増殖し始める前に尿路から細菌を洗い流す可能性があります。トイレットペーパーを使用するときは、必ず前から後ろに向かってトイレットペーパーで拭いてください。これにより、直腸の近くに安全に生息しているバクテリアが尿道に近づくのを防ぎます。また、皮膚に損傷を与え、感染症を起こしやすくする可能性があるため、過度に過酷なクレンジング製品を使用したりしないでください。

セックス後の排尿がUTIの発生率を低下させることは証明されていませんが、一部の専門家はそれを推奨しており、害はありません。

治療

UTIがあると思われる場合は、医療提供者に連絡してください。あなたの尿中の細菌を探すために尿検査を勧めることが多いです。

UTIに最適な治療を受ける方法は次のとおりです。

医師にできるだけ多くの情報を提供してください。過去にどの抗生物質を服用したか、薬剤耐性感染症にかかったことがあるかどうかなど、UTIの病歴を必ず医師と共有してください。これにより、医師は耐性検査が必要かどうかを判断できます。

抗生物質を要求しないでください。目標は、絶対に必要な場合にのみ抗生物質を使用することです。使用を制限することは、抗生物質耐性菌の発生を防ぐのに役立ちます。

専門家に相談してください。過去に再発性感染症を患ったことがある女性、特に薬剤耐性のある女性は、専門医に診てもらい、自分の状態を管理するのに役立つ他の選択肢があるかどうかを確認することをお勧めします。

骨盤臓器脱予防には、あなたのコアを鍛える!

骨盤臓器脱と思ったら?

関連記事

  1. 脳炎の原因感染

    脳炎は脳の炎症を意味します。この炎症は通常、ウイルス感染によって引き起こさ…

  2. 寝すぎも寝不足も認知症になりやすい

    英国(English Longitudinal Study of Agei…

  3. めまいは、新型コロナウイルス感染の症状

    医学誌Ear Nose Throat J.に論文発表された研究では、めまいは…

  4. 発ガン性成分による薬物リコールが米国でおきている…

    2型糖尿病の治療に使用されるいくつかの薬は、癌の懸念のために米国で…

  5. VIEW medical site

    心的外傷後ストレス障害の女性は、卵巣がんのリスク…

    ハーバード大学公衆衛生学部およびモフィットがんセンターの研究者は、心的外傷…

  6. アスピリンを定期的に服用することで乳がんの予防に…

    低用量アスピリンは、議論されています。多くは、低用量のアスピリンを服用するこ…

  7. 心臓病の増加と子宮摘出術は関係がある

    Obstetricsand Gynecology、2009年5月で報告され…

  8. 甲状腺摘出術の日帰り手術は超高齢者でも安全である…

    オーガスタ大学の医師らは、2017年Laryngoscope医学誌に日帰り…

PAGE TOP