menu

更年期障害とメンタルヘルス

女性ホルモンのレベルの変化は、うつ病の症状を含む一時的な気分の変化を引き起こす可能性があります。

更年期障害に至るまでの年月と移行自体があなたの体に変化をもたらす可能性があります。しかし、それらはあなたの心、特にあなたの精神的健康にも影響を与える可能性があります。

この間、うつ病の発生率は2倍になります。過去にうつ病や不安に苦しんでいた女性も、症状が再発する可能性があります。

女性ホルモンのレベルの変化は、人生の他の段階で気分の変化を引き起こす可能性があるため、閉経期の移行中にも気分に何らかの影響を与える可能性があることは必ずしも驚くべきことではありません

月経前不快気分障害(月経前症候群のより重篤な形態であり、気分に影響を与える)および産後うつ病は、体内のホルモンの変化によって引き起こされる状態の他の例です

これらの障害は100%ホルモンが原因とは言い切れない

閉経周辺期および閉経期の気分の変化は、ほとんどの場合軽度です。「軽度のうつ症状は明らかにホルモンの変化と関連しています

閉経周辺期のうつ病症状の増加を、プロゲステロンとエストラジオール(エストロゲンの最も強力な形態)の2つのホルモンの変動と関連付けました。しかし、大うつ病(より重篤な形態の臨床的うつ病)に関しては、女性ホルモンの変化との関連は明らかではありません。

閉経期に重大な気分の問題を発症する女性の大多数は、過去にそれらを患っています。うつ病や不安神経症の病歴のない人が閉経期に突然重症の症例を発症することは比較的まれです、とジョフ博士は言います。さらに、中年期(閉経が発生するとき)は、女性が子供の世話、高齢の親への対応、人生の変化のナビゲートなど、複数のストレスの原因に直面することがある時期です。これらはすべて、うつ病や不安の発生に関与する可能性があります

パニック発作と一般的な更年期症状であるほてりを区別することの難しさがあります

健康の変化と気分の乱れ

閉経時の体調の変化も気分の変化を引き起こす可能性があります。たとえば、不安は甲状腺の過活動によって引き起こされる可能性があり、これは年齢とともにより一般的になります。さらに、不安やうつ病は睡眠不足によって引き起こされる可能性があります。これは閉経時にも一般的になります。ホルモンの変化が夜間のほてりやその他の睡眠障害を引き起こし、女性が必要な休息をとることがより困難になるためです。

走りをやめないでシンスプリントを治療する方法

ケルトの白い馬

関連記事

  1. 骨盤臓器脱の分類方法

    この疾患には、歴史的にいくつかの分類方法があります。骨盤臓器脱(P…

  2. がんサバイバーの睡眠は治療後ずっと影響を受けます…

    がんの診断とその集中的な治療のストレスが過ぎると、人生が正常に戻ることが期待…

  3. コンドロイチン硫酸治療は、間質性膀胱炎の女性にお…

    この無作為化試験、間質性膀胱炎/膀胱痛症候群(IC / BPS)の女性は、…

  4. 皮膚常在菌の移植で小児アトピー性皮膚炎が改善する…

    米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)研究者らがScience Tra…

  5. 間質性膀胱炎の難病指定

    日本では、間質性膀胱炎の一部は難病指定がされます。間質性膀胱炎(ハン…

  6. 結腸癌を克服するために

    推奨されるスクリーニングガイドラインに従えば、最も致命的な癌の1つを治癒可能…

  7. 女性が知っておくべき疲労骨折の警告サイン

    American Journal of Sports Medicineに掲…

  8. チョコレートを食べて、体重を減らす?

    ミルクチョコレートを毎日食べることは体重増加のレシピのように聞こえるかもしれ…

PAGE TOP