menu

がんをスクリーニングする新しい方法

早期がんを検出するための血液検査は、これまで以上に現実に。

癌を初期段階で特定することで、癌が成長して広がる前に治療する機会が増えます。

残念ながら、ほとんどの癌をスクリーニングするための信頼できるツールはありません。現在存在する効果的なスクリーニング検査の例には、生検査による前立腺がん、ポリープや初期の結腸直腸癌を探す結腸内視鏡検査、乳がんの初期兆候のマンモグラム、元喫煙者または現在の喫煙者の限局性肺がんの胸部CTスキャンなどの画像検査が含まれます。

DNAを直接確認

現在のがん検診の多くの実施は、侵襲的(結腸内視鏡検査)や直接生検であり、時には不快な場合があります。科学者たちは、癌をできるだけ早く見つけるための新しい方法を模索し続けています。これは、速く、便利で、実行も簡単です。有望な新しいスクリーニングツールは、血液検査を使用します。

血液検査を使用すると、放射線や麻酔がなく、不快感が大幅に軽減されます。複数の健康上の理由から、人々はすでに診療所で採血されています。前立腺がん特異抗原PSAのような特異度の高いものが、すべてのがんに必要です

あたしく注目されるのは、DNAです。もう取り入れている国もあります。がんDNAの血液検査はどのようなものですか?それは実際には非常に簡単です。

癌性腫瘍は、細胞の一部が死んだ後、DNAを血中に放出します。科学者は血液サンプルを調べることで、特定の癌に関連する特定のDNA変化を探すことができます。

血液サンプルによって示唆されるがんの種類に応じて、医師はCT、MRI、PETスキャンなどの適切な診断テストを注文して、体内のがんの位置を特定することができます。

がん検診ツールとしての血液DNA検査は急成長している研究分野であり、多くの初期の研究が有望であることが示されています。これまでで最も注目される研究の1つは、ダナファーバーとメイヨークリニックの研究者によって主導されました。血液検査では、結腸や直腸、食道、膀胱、頭頸部、肺、膵臓など、最も一般的な癌の多くを含む50種類以上の癌を検出できることがわかりました。結果は、2020年6月1日にAnnals ofOncologyに掲載されました。

この研究では、研究者らは、癌と診断された約2,500人と癌のない約4,200人の血液サンプル中のDNAマーカーを調べました。全体として、血液検査により、既知の癌と診断された人々の約99%に癌の存在が確認されました。

反対に、がんのない人の1%未満が陽性の検査を受けました(偽陽性の結果は非常に低い)。偽陽性の結果の数を減らすことで、癌がないときに不必要な評価を受けるのを防ぐことができます

進行度について

検査の精度は、がんの病期によって異なります。このために、研究者は、癌による死亡のほぼ3分の2を占める12種類の癌を調べました。

彼らは、この検査でステージ1のがん(最も早く、最も診断が難しい)の39%の人にがんのDNAが見つかったことを発見しました。後の段階では、さらに正確でした。ステージ2の69%、ステージ3の83%、最終および最も進んだステージ4の92%です。血液サンプル中の癌DNAを評価する他の研究でも、同様の有望な結果が示されています。

サイエンス誌の2018年の研究では、すでに癌と診断された約1,000人の癌DNAとタンパク質マーカーも調べる血液検査が調査されました。研究者たちは、乳房、結腸直腸、食道、肝臓、肺、卵巣、膵臓、胃の8種類の癌に焦点を当てました。

全体として、この検査では癌の70%が検出され、癌の種類が高精度で特定されました。がんの病期に関しては、病期1のがんの43%、病期2の73%、病期3の78%が見つかりました。

未来の医療

がんの血液検査の将来の可能性はどのように見えますか?

開発された検査を改善し、偽陽性をさらに減らし、さらに重要なことに、より多くの初期段階の癌を発見するために、より多くの研究が進行中です。

それでも、がん検診へのこのアプローチには限界があるかもしれない、とウォルピン博士は述べています。たとえば、血液検査は特定の種類の癌に対してのみ非常に効果的である可能性があります。すべての癌が検出可能なDNAを血中に放出するわけではありません。

5年から10年以内に、コレステロールや血糖値のチェックなどの定期的な健康診断に癌の血液検査が含まれる可能性があります。

過敏性腸症候群を管理するためにFODMAPダイエットを試してください

睡眠の質を改善するにはどうすればよいですか?

関連記事

  1. 間質性膀胱炎の治療のためのフラヌマブ研究

    神経成長因子に対するヒトモノクローナル抗体であるフルラヌマブは、あたらしい…

  2. 腸内細菌が作るホルモンで、身体を大切にしよう

    私たち人間の腸の中には、500種類以上の腸内細菌がいます。その数は、なんと1…

  3. 膣エルビウムレーザーの安全性:過去8年間に治療さ…

    医学誌Climactericに投稿された論文では、腹圧性尿失禁やGSMの治療…

  4. 喫煙は心血管リスクを伴います

    『私は本当に喫煙者ではありません。私は一日に数本のタバコを吸うか、週末に外…

  5. ウロダイナミック検査って、何ですか?

    ウロダイナミック検査(尿流動態検査)は、膀胱、括約筋、および尿道が、尿をどの…

  6. COVID-19診療で研修医の燃え尽き症候群が増…

    懸念しているとおり、若いドクターは燃え尽き始めている。米国の新型コ…

  7. TVT手術失敗後の筋膜スリングの成功率

    TVT手術がうまくいかない。ということは、統計上2%ありますこのとき、有…

  8. 間質性膀胱炎の生活と良くない薬

    膀胱部痛症候群とも呼ばれるこのイライラする障害は、女性につらい日々を与えてし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP