menu

間質性膀胱炎に対する微弱な膣ヤグ・レーザー治療

日本の研究チームは、かねてからレーザー治療が間質性膀胱炎潰瘍の炎症に有効とされてきました。また、高圧酸素療法で骨盤全体の血流を改善させる治療も有効とされてきました。今回は、この2つを組み合わせる目的で、膣からの微弱レーザーで、炎症にも、血流にも効果的な方法が考案されて、論文報告されました。

 

N.Okui, M. Okui and Z. Visintin. Effects of non-ablative vaginal erbium: YAG laser treatment for interstitial cystitis/bladder pain syndrome: a case series (UNICORN-2 study) . Climacteric 2020

https://doi.org/10.1080/13697137.2019.1703940

 

弱いレーザーとは、レーザーを照射する部分にやけどをおわさないレベルで、非蒸散性といわれます。名称は、VELといいます。

今回は、いくつかの間質性膀胱炎の治療をおこなったにもかかわらず改善しない12人に関してVELを行ったところ、9人の人に反応があり、とくにハンナー潰瘍の改善が認められました(レスポンダー)。治療効果は、12か月でした。

今回のレーザーは、人工知能によりVELの設定を調節し、それぞれの痛みにあうレベルに変更をしながら柔軟に行いました。

 

レスポンダーは、すぐに効果がある人、数回のVELを行わないと効果が出てこない人などさまざまでした。

重篤な副作用はありませんでした。

 

VELでは最初の報告だけに、今後の治療件数にともない間質性膀胱炎の治療に使える選択になっていく可能性があります。間質性膀胱炎と同じく、原因不明の全身の痛みである線維筋痛症にも応用きく可能性も秘めています。

 

 

新型コロナウイルス~2度目は重症化するのか、それとも軽症で済むのか

間質性膀胱炎という病気を知ってますか?

関連記事

  1. VIEW medical site

    エピジェネティック・ランドスケープ

    すべては遺伝子ではない。20世紀の中ごろ、英国のコンラッド…

  2. 間質性膀胱炎の潰瘍は、レーザー治療が効果がある

    アルバートアインシュタイン医科大学の研究者らがおこなった2001年の報告で…

  3. 便秘があると心血管疾患リスクが上昇するらしい

    英国の医学誌BMJに報告された最新の論文によると、デンマークの病院および外…

  4. 糖尿病性網膜症:糖尿病関連の眼疾患と視力喪失

    糖尿病性網膜症の有病率は、糖尿病と診断された人々の数の増加により、…

  5. 大注目の痩せるホルモン、インクレチンのアップする…

    ダイエットがうまくいないことは多いですね。せっかく、食事を控えめにしていたの…

  6. 高齢者の排泄ケア

    高齢者では、腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁などの尿失禁の他に、足腰の問題でトイレ…

  7. 皮膚常在菌の移植で小児アトピー性皮膚炎が改善する…

    米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)研究者らがScience Tra…

  8. 英国では、骨盤臓器脱メッシュ手術のリスクの認識を…

    世界に先駆けて骨盤臓器脱メッシュ手術の危険性を政府が認めた英国では、手術の…

PAGE TOP