menu

更年期障害の症状と胃食道逆流症(GERD)の関連性

最近の研究によると、更年期障害の症状に対してホルモン療法を行っている女性は、胃食道逆流症(GERD)を発症する可能性が高まることが示唆されました。

この研究は、2023年6月27日に発表されたもので、100万人以上の女性を対象とした5つの初期研究のデータを分析しました。これらの研究では、胃食道逆流症の診断を受けている女性は一人もいなかったのです。研究者たちは、更年期障害の症状を和らげるためにホルモン療法を現在または過去に使用していた参加者において、胃食道逆流症の発症リスクが全体よりも29%高いことを発見しました。特に、エストロゲンのみを使用した女性は胃食道逆流症のリスクが41%高く、プロゲステロンのみのホルモン療法を受けた女性はリスクが39%高かったです。一方、エストロゲンとプロゲステロンを組み合わせたホルモン療法を受けた女性の場合、リスクの増加はわずか16%でした。

ただし、この研究は観察的なものであり、ホルモン療法が胃食道逆流症の原因であることを証明するものではありません。単に関連性が示されたに過ぎません。女性ホルモンは、下部食道括約筋(食道の底部と胃の上部の間の弁)を制御する筋肉を弛緩させ、胃酸が食道に逆流できるようにすると考えられています。

ホルモン療法を考えている女性は、胃食道逆流症の他のリスク因子にも注意を払うべきです。また、禁煙、健康な体重の維持、重い食事の後に横にならないなど、胃食道逆流症を予防するために必要なライフスタイルの変更も検討することが重要です。

 

 

 

シフト勤務は睡眠と健康に害を及ぼすことがあります。健康に有害なシフト勤務で、健康を守る方法とは?

テストステロン療法は、心臓発作や脳卒中のリスクがある男性にとって安全かもしれません。

関連記事

  1. 結腸癌を克服するために

    推奨されるスクリーニングガイドラインに従えば、最も致命的な癌の1つを治癒可能…

  2. 骨盤臓器脱メッシュ手術に厳しい警告

    骨盤臓器脱の外科的治療手術の前に、すべての問題が特定されていること…

  3. 間質性膀胱炎が治らないのは、膣の健康状態が悪い可…

    間質性膀胱炎が治らないのは、膣の健康状態が悪い可能性がありますいまま…

  4. 低用量アスピリンと卵巣がんのリスク

    ハーバード大学の研究者らがJAMA Oncologyが2018年10月4日…

  5. 間質性膀胱炎のハンナ病変

    間質性膀胱炎で重症の人にあるハンナ病変は、痛みが強くでる原因になります。…

  6. COVID-19の隠された長期的な認知効果

    新しい研究は現在、700万人以上のアメリカ人と世界中でさらに2700万人を…

  7. 人工知能(AI)を使用して、早期乳がんの進展を予…

    American Journal of Physiology-Cell P…

  8. 世界的な調査によると、女性は現在男性とほぼ同じく…

    2016年10月25日にBMJOpenによってオンラインで公開された研究で…

PAGE TOP