menu

年齢が高い女性ほど進行した子宮頸がんの診断が多い

年齢が高い女性ほど進行した子宮頸がんの診断が多く、長期の生存率も若い女性に比べて不利な可能性が示唆されています。2023年1月9日にCancer Epidemiology, Biomarkers and Prevention誌でオンラインで発表された分析によると、65歳以上の女性は、若い女性に比べて進行した子宮頸がんの診断がより頻繁であり、長期生存率も低い可能性があります。

研究者は、2009年から2018年の間にカリフォルニアがん登録から得られたデータを使用して、21歳以上の12,442人の女性を特定しました。これらの女性は子宮頸がんの診断とその時点でのがんの進行段階、そして5年間の生存率を持っていました。65歳以上の患者の約71%が進行期の疾患(段階2から4と定義)と診断され、若い女性の48%と比較して高い割合でした。さらに、65歳以上の女性と比較して、65歳未満の患者の5年生存率は著しく低く、80歳以上の女性はすべての年齢層で最も低い生存率を示しました。

現在の子宮頸がんのスクリーニングガイドラインでは、常に正常なスクリーニングテストを受けてきた65歳以上の女性に対して、パパニコラウ試験などの検査を中止することを推奨しています。この分析の結果は、年齢だけでなく、過去のスクリーニング歴も考慮する重要性を強調しています。

おなかがグーグー鳴ったり、鼻水が出たり、あくびが広まること、ほとんどが完全に解明されていません。

心肺機能の向上は、大腸・肺・前立腺がんからの死亡リスクを下げる

関連記事

  1. 性器領域のティーレ・マッサージは、間質性膀胱炎へ…

    エジプトの医師らは、性器領域を含む骨盤のマッサージ”ティーレ・マッサージ”が…

  2. 最近の試験では、間質性膀胱炎に対するDMSO膀胱…

    ジメチルスルホキシド(DMSO)は、間質性膀胱炎/膀胱症候群(IC / P…

  3. 英国政府は再びメッシュ使用を認めたが、英国トップ…

    NICEガイドラインのリリースにより、MESHをNHSで再び使用できるよう…

  4. アルツハイマー認知症と音楽

    あなたが音楽を聴いているとき、複数の脳の領域が活動で明るくなります、と彼は…

  5. シフト勤務は睡眠と健康に害を及ぼすことがあります…

    シフト勤務障害とは何ですか?…

  6. 英国では、骨盤臓器脱メッシュ手術のリスクの認識を…

    世界に先駆けて骨盤臓器脱メッシュ手術の危険性を政府が認めた英国では、手術の…

  7. 深刻な目の問題の警告サイン

    目は老化の損耗から免除されていません。加齢に伴う目の変化の中には、…

  8. 心臓リハビリテーションプログラム

    心臓リハビリテーション(CR)、または「心臓リハビリテーション」は、…

PAGE TOP