menu

腹腔鏡下の鼠径ヘルニア修復手術において、ヘルニア嚢(ヘルニア袋)の管理方法

この研究は、腹腔鏡下の鼠径ヘルニア修復手術において、ヘルニア嚢(ヘルニア袋)の管理方法についての比較を行ったものです。具体的には、ヘルニア嚢の縮小(RS)と切断(TS)の方法を比較し、手術後の結果を調査しました。

研究では、2941人の患者を含む6つの適格な研究を分析しました。そのうち、TSグループには821人の患者が、RSグループには2120人の患者が含まれていました。総合的な分析では、TSグループはセローマ(腫れ)の発生率が低く(OR = 1.71; 95% CI [1.22, 2.39], p = 0.002)、入院日数が短い(MD = -0.07; 95% CI [-0.12, -0.02], p = 0.008)ことが示されました。一方で、両グループ間では合併症(OR = 0.87; 95% CI [0.34, 2.19], p = 0.76)、手術時間(MD = -4.39; 95% CI [-13.62, 4.84], p = 0.35)、再発率(OR = 2.70; 95% CI [0.50, 14.50], p = 0.25)、および術後の疼痛において有意な差はありませんでした。

結論として、このメタ分析から、ヘルニア嚢の切断は、セローマの発生率が低く、入院日数が短く、合併症、手術時間、再発率、および術後の疼痛については縮小と比較して類似していることが示されました。したがって、メッシュ手術による弊害はいまだ解消されていないことが明確であり、また、このデータから、積極的にメッシュをすすめるとはいえない。まだ、メッシュを使わないネイティブ・テッシュリペアとの比較は十分でないと言えます。

自己粘着性外科用メッシュ。メッシュ固定方法に代わるか?

膀胱痛症候群(BPS)と妊娠

関連記事

  1. 大注目の痩せるホルモン、インクレチンのアップする…

    ダイエットがうまくいないことは多いですね。せっかく、食事を控えめにしていたの…

  2. 私の痛む顎

    それはあなたの顔の側面の鈍い痛みを伴う痛みです。また、噛んだときに、はじけ…

  3. 骨盤臓器脱メッシュ術後、死亡例の報道から考える

    膣メッシュ運動家のクリシー・ブラジッチが4年間の戦いの後に敗血症で死亡した…

  4. 全身を脅かす可能性のある隠れた歯科疾患の危険性

    虫歯や歯周病は、脳や心臓の感染症など、深刻な健康問題を引き起こす可能性があ…

  5. 深刻な目の問題の警告サイン

    目は老化の損耗から免除されていません。加齢に伴う目の変化の中には、…

  6. VIEW medical site

    高繊維食は乳がんのリスクを減らすことができますか…

    食事はあなたの乳がんリスクに影響を与えるかもしれません。オンライン2020…

  7. COVID-19診療で研修医の燃え尽き症候群が増…

    懸念しているとおり、若いドクターは燃え尽き始めている。米国の新型コ…

  8. 間質性膀胱炎の高圧酸素治療:前向きパイロット研究…

    間質性膀胱炎に対して高圧酸素治療をする初期の論文です6人の患者が高…

PAGE TOP