menu

膀胱痛症候群(BPS)と妊娠

膀胱痛症候群(BPS)は、理解が不足している状態です。妊娠中には、下部尿路症状や疼痛が一般的ですが、BPSの可能性はほとんど考慮されず、ほとんど探求されることはありません。BPSの妊娠への影響とその逆の影響は十分に理解されておらず、管理オプションも制限されているようです。この記事では、妊娠したり、妊娠を考えている疑われるBPS患者をより適切にカウンセリングし、調査し、診断し、管理するための現在のエビデンスを検討します。MEDLINE、EMBASE、およびPubMedで、’cystitis’、’interstitial’、’bladder’、’pain’、および’pregnancy’などのキーワードを組み合わせたメッシュ用語の組み合わせを検索しました。関連する文献が特定され、レビューされ、参考文献からさらに関連する文献が特定されました。

結論として、BPSの症状は妊娠中に非常に一般的であり、限られたデータが女性や妊娠に重大な悪影響を及ぼす可能性を示唆しています。妊娠中の調査、診断、および管理の安全なオプションがあります。妊娠中のBPS症状の影響と診断および管理の利用可能なオプションについての認識を高め、患者の経験と結果を改善する必要があります。

患者にとっての要約:BPSまたはBPSに類似する症状の患者は、妊娠中に見捨てられる必要はありません。妊娠中の調査および管理の意思決定をサポートするデータがあります。

腹腔鏡下の鼠径ヘルニア修復手術において、ヘルニア嚢(ヘルニア袋)の管理方法

慢性膀胱痛・間質性膀胱炎に対して、新たなエビデンスは、神経調整が有望な治療法であることを示唆しており、

関連記事

  1. 人工知能(AI)を使用して、早期乳がんの進展を予…

    American Journal of Physiology-Cell P…

  2. 低活動膀胱を知っていますか?

    聞きなれない病名”低活動膀胱”低活動膀胱という病気は?膀胱収縮の減弱…

  3. 間質性膀胱炎に対するパルスラジオ波治療は可能性の…

    この症例報告間質性膀胱炎(IC)の35歳の女性が、パルスラジオ波(PRF)…

  4. 間質性膀胱炎の潰瘍は、レーザー治療が効果がある

    アルバートアインシュタイン医科大学の研究者らがおこなった2001年の報告で…

  5. 間質性膀胱炎の統計調査と男女比

    間質性膀胱炎は女性に多い病気です。人口に対する間質性膀胱炎の比率を出すために…

  6. 膣エルビウムレーザーの安全性:過去8年間に治療さ…

    医学誌Climactericに投稿された論文では、腹圧性尿失禁やGSMの治療…

  7. 家族に自殺願望があるとき

    JAMAに報告された研究は、この春、アメリカ人の間でうつ病が3倍になったこ…

  8. アスピリンが大腸がんの予防になるとされる研究

    JAMAオンコロジーにて2021年に発表された、ハーバード大学の研究によると…

PAGE TOP