menu

週に一度の有酸素運動でインフルエンザと肺炎の死亡率を減少

週に一度の有酸素運動が、インフルエンザと肺炎の死亡率を減少させるのに役立つかもしれません

 

ジャーナルによると 2023年9月1日 マシュー・ソラン(Harvard Men’s Health Watch のエグゼクティブ・エディター)による ハワード・E・ルワイン博士(Harvard Health Publishing のチーフ・メディカル・エディター)による調査では、インフルエンザの季節は10月から4月までです。年次のインフルエンザワクチン接種は、通常9月下旬に行われることがあり、保護を提供することがあります。さらに、十分な有酸素運動を行うことは、インフルエンザまたは肺炎による死亡リスクを減少させるのに役立つかもしれません。これは、2023年5月16日にBritish Journal of Sports Medicineでオンラインで発表された研究によるものです。

ガイドラインでは、週に少なくとも150分の中等度の有酸素活動を行うよう勧めています。研究者は、1998年から2018年にかけて577,909人の成人から収集された運動データを調査し、平均9年間にわたってフォローアップしました。その結果、この推奨事項を満たした人々は、運動をしなかった人々と比較して、肺炎またはインフルエンザで亡くなるリスクが36%低かったということがわかりました。週に301から600分の運動を行った人々にとっては、リスクが半減しました。

ただし、600分以上の運動を行っても追加の保護はありませんでした。研究者は、この利益は有酸素運動が体の免疫反応を強化するのに役立つことから来ると推測しています。

 

 

妊娠と生殖に関連する要因が、数十年後にあなたの心血管健康に関連

首の痛みの驚くべき原因

関連記事

  1. 大注目の痩せるホルモン、インクレチンのアップする…

    ダイエットがうまくいないことは多いですね。せっかく、食事を控えめにしていたの…

  2. 私の痛む顎

    それはあなたの顔の側面の鈍い痛みを伴う痛みです。また、噛んだときに、はじけ…

  3. 骨盤臓器脱メッシュ術後、死亡例の報道から考える

    膣メッシュ運動家のクリシー・ブラジッチが4年間の戦いの後に敗血症で死亡した…

  4. 全身を脅かす可能性のある隠れた歯科疾患の危険性

    虫歯や歯周病は、脳や心臓の感染症など、深刻な健康問題を引き起こす可能性があ…

  5. 深刻な目の問題の警告サイン

    目は老化の損耗から免除されていません。加齢に伴う目の変化の中には、…

  6. VIEW medical site

    高繊維食は乳がんのリスクを減らすことができますか…

    食事はあなたの乳がんリスクに影響を与えるかもしれません。オンライン2020…

  7. COVID-19診療で研修医の燃え尽き症候群が増…

    懸念しているとおり、若いドクターは燃え尽き始めている。米国の新型コ…

  8. 間質性膀胱炎の高圧酸素治療:前向きパイロット研究…

    間質性膀胱炎に対して高圧酸素治療をする初期の論文です6人の患者が高…

PAGE TOP