menu

低用量アスピリンと卵巣がんのリスク

ハーバード大学の研究者らがJAMA Oncologyが2018年10月4日にオンラインで公開したこの研究では、低用量のアスピリンを定期的に服用すると、卵巣がんのリスクが23%減少するようであることがわかりました。ただし、イブプロフェン、ナプロキセン、およびその他の非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)を長期間大量に使用すると、リスクが高まるようです。

看護師の健康調査と看護師の健康調査IIに参加した20万人以上の女性に関するデータを調べました。研究されたグループの中で、1,054人の女性が卵巣癌を発症し続けました。次に、研究者たちは、女性が定期的に服用している薬の種類を調べました。彼らは、週に少なくとも10回のNSAIDを複数年間服用した女性は、卵巣がんのリスクが高いことを発見しました。低用量のアスピリンを定期的に服用した女性はリスクが低いようでしたが、標準用量のアスピリンを服用した女性の間では同じことが当てはまりませんでした。

ハーバード大学の将来の研究では、特定の女性が卵巣がんを予防するために低用量のアスピリンを開始することで恩恵を受けるかどうかを判断しようとしています。

潰瘍性大腸炎とクローン病

普通は女性は尿が漏れると聞いたのに、閉経とともに排尿困難

関連記事

  1. 脳炎の原因感染

    脳炎は脳の炎症を意味します。この炎症は通常、ウイルス感染によって引き起こさ…

  2. 帝王切開による出産でも尿トラブルはおきますか?

    帝王切開は、赤ちゃんが生まれてからの回復時間が長くなることを意味しますが、…

  3. めまいは、新型コロナウイルス感染の症状

    医学誌Ear Nose Throat J.に論文発表された研究では、めまいは…

  4. がんをスクリーニングする新しい方法

    早期がんを検出するための血液検査は、これまで以上に現実に。…

  5. VIEW medical site

    膀胱訓練は本当に有益ですか?

    頻尿と過活動膀胱の女性の中には、膀胱訓練の効果的な人もいます。膀胱訓練の考…

  6. アスピリンを定期的に服用することで乳がんの予防に…

    低用量アスピリンは、議論されています。多くは、低用量のアスピリンを服用するこ…

  7. 心臓病の増加と子宮摘出術は関係がある

    Obstetricsand Gynecology、2009年5月で報告され…

  8. 甲状腺摘出術の日帰り手術は超高齢者でも安全である…

    オーガスタ大学の医師らは、2017年Laryngoscope医学誌に日帰り…

PAGE TOP