menu

線維筋痛症のある人におこる間質性膀胱炎と、高圧酸素療法

線維筋痛症(FM)は、病因が完全には説明されていない持続性障害であり、その理論上の疼痛処理の変化は、生活の質を損なう可能性があります。

間質性膀胱炎(IC)は膀胱の衰弱性障害であり、微小循環の繰り返しの損傷に対処する多因子的でよく理解されていない原因があります。

この2つが同時におこることはよくある

ICとFMの両方に苦しむ患者の治療のための高圧酸素による治​​療を計画した論文が、BMCUrol 2019; 19:108 にてイタリアから発表されました。

12人の患者がプロトコルを完了しました。高圧酸素療法後の変化は、膀胱の大きさに変化がありました。(平均前処理:409.2 ml;平均後処理:489.2 ml; p  <0.05)。なにより、高圧酸素療法から6か月後に、点状出血とハンナー潰瘍の退行も認められました。これは、ICの特徴的な所見が改善したということで、大きな成果です。

間質性膀胱炎の治療

粘膜下子宮筋腫とは何ですか?

関連記事

  1. がんをスクリーニングする新しい方法

    早期がんを検出するための血液検査は、これまで以上に現実に。…

  2. 普通は女性は尿が漏れると聞いたのに、閉経とともに…

    一般に女性の尿トラブルは尿失禁とされますが、閉経とともに排尿困難がしばしば…

  3. 脳炎の原因感染

    脳炎は脳の炎症を意味します。この炎症は通常、ウイルス感染によって引き起こさ…

  4. 黒色腫は必ずしも既存のほくろから発生するとは限り…

    疑わしいほくろが皮膚がんの可能性をチェックすることは重要ですが、2017年…

  5. 痛風を治療する

    痛風は最も一般的なタイプの炎症性関節炎です。これは、関節内の尿酸の結晶化によ…

  6. スクリーニングのマンモグラフィは何歳まで続けます…

    ほとんどの女性は、不快でストレスを感じる可能性のある日常的なマンモグラムを…

  7. 認知症とアルコール

    JAMA NetworkOpenによって2019年9月27日にオンラインで…

  8. シフト勤務は睡眠と健康に害を及ぼすことがあります…

    シフト勤務障害とは何ですか?…

PAGE TOP