menu

自閉症の炎症リンク

ハーバード大学の研究者による画像診断は、自閉症の秘密を解き明かしました。

Zürcher NR et al., Molecular Psychiatry, February 2020

神経画像研究は、自閉症スペクトラム障害の若い男性の脳は、炎症と代謝に役割を果たすように見える物質であるトランスロケータータンパク質のレベルが低いことを示しています。

マサチューセッツ総合病院のHMS研究者チームによるこの発見は、自閉症スペクトラム障害の考えられる原因についての重要な洞察を提供します。

米国の59人に1人の子供に影響を与えるこの発達障害は、幼児期に出現し、他者とのコミュニケーションや相互作用が困難であることを特徴としています。原因は不明ですが、証拠が増えていることで神経炎症に関連しています。

神経炎症の兆候の1つは、トランスロケータータンパク質のレベルの上昇です。これは、陽電子放出断層撮影法と解剖学的磁気共鳴画像法を使用して脳内で測定できます。

研究チームは、これらの画像ツールを使用して、障害のある15人の若い成人男性の脳をスキャンしました。このグループには、さまざまな程度の知的能力を持つ高機能と低機能の両方の参加者が含まれていました。コントロールとして、チームは同年代の18人の非自閉症の若い男性の脳をスキャンしました。

スキャンは、障害のある若い男性の脳は、自閉症でない参加者の脳と比較して、タンパク質のレベルが低いことを示しました。実際、障害の最も重篤な症状を持つ参加者は、タンパク質の発現が最も低い傾向がありました。

タンパク質の発現が低いことがわかった脳領域は、以前は自閉症スペクトラム障害に関連しており、感情の処理、表情の解釈、共感などの社会的および認知的能力を支配すると考えられています。

研究者らは、トランスロケータータンパク質には複数の複雑な役割があり、そのうちのいくつかは脳の健康を促進すると指摘しています。タンパク質の適切なレベルは、例えば、ミトコンドリアの正常な機能に必要です。初期の研究は、脳細胞の機能不全のミトコンドリアを自閉症スペクトラム障害に関連付けました。

骨盤臓器脱と思ったら?

脳炎の原因感染

関連記事

  1. 頭痛:知っておくべきこと と最新論文

    頭痛の原因は?定期的な頭痛のほとんどの発作は深刻ではなく、自分で治療する…

  2. 新しいアルツハイマー病薬が承認されました。

    2021年6月7日、米国FDAはアルツハイマー病に対して18年ぶりの薬剤の承…

  3. アスピリンが大腸がんの予防になるとされる研究

    JAMAオンコロジーにて2021年に発表された、ハーバード大学の研究によると…

  4. 心臓発作の薬が変形性関節症に効果があるのでは?

    医学誌Ann Intern Medに発表された論文は、心臓発作の薬の意外な…

  5. 新しいアルゴリズムは、腫瘍がDNAを大幅に書き換…

    医学誌 CELL に報告された論文によると、ウェイル・コーネル大学とニュー…

  6. 黒色腫は必ずしも既存のほくろから発生するとは限り…

    疑わしいほくろが皮膚がんの可能性をチェックすることは重要ですが、2017年…

  7. 間質性膀胱炎の治療のためのフラヌマブ研究

    神経成長因子に対するヒトモノクローナル抗体であるフルラヌマブは、あたらしい…

  8. 炎症性腸疾患に関連する関節炎

    炎症性腸疾患(IBD)は、腸管の炎症を特徴とする2つの障害(クローン病と潰…

PAGE TOP