menu

オンライン診療:妊婦検診は評判がいい

ミシガン大学の研究者がAm J Obstet Gynecolに報告した研究では、バーチャル妊婦検診は評判がよいとわかった。

 

COVID-19流行のため妊婦検診は岐路に

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行下で妊婦健診の頻度を減らすことが課題になっています。バーチャル受診を取り入れる妊婦健診モデルの効果を単施設で検証しました。

電子医療記録データを解析した結果の通院(実際の通院とバーチャル)の回数を研究しています。

週当たりの平均受診件数はCOVID-19モデル導入前の3カ月間で898件、導入後の3カ月間で761件と導入後に16.1%低下しています。

そのうちバーチャル受診が占める割合は10.8%から43.3%に増加しています。

無断キャンセルの平均発生率は4.3%から4.2%と変化がありませんでした。

 

バーチャル受診の実態

妊娠20週以降の妊婦1690例、医師103人が回答したオンライン調査をいしました。

バーチャル受診でケアへのアクセスが改善したと回答した割合は妊婦68.8%、医師96.1%でした。

バーチャル受診は安全だと回答した割合は53.3%、62.1%、バーチャル受診には血圧測定用カフが重要だと回答した割合は92.2%、95.5%でした。

COVID-19対応モデルに満足していると回答した割合は77.5%、83.1%だった。

 

 

便失禁

メッシュ手術摘出事業:英国政府が導入するメッシュ除去サービス

関連記事

  1. 人工知能の予測によると乳がん死亡者が1%増加する…

    新型コロナウイルス感染症(COVID…

  2. スクリーニングのマンモグラフィは何歳まで続けます…

    ほとんどの女性は、不快でストレスを感じる可能性のある日常的なマンモグラムを…

  3. ケーゲル体操(骨盤底筋体操)

    ケーゲルを実行するには、最初に骨盤底筋を見つけてから、繰り返し収縮してリラ…

  4. 黒色腫は必ずしも既存のほくろから発生するとは限り…

    疑わしいほくろが皮膚がんの可能性をチェックすることは重要ですが、2017年…

  5. 心臓病と癌のリスクは関連している可能性があります…

    2019年11月にアメリカ心臓協会の科学セッションで発表された研究によると…

  6. 深刻な目の問題の警告サイン

    目は老化の損耗から免除されていません。加齢に伴う目の変化の中には、…

  7. 膀胱痛症候群(BPS)と妊娠

    膀胱痛症候群(BPS)は、理解が不足している状態です。妊娠中には、下部尿路症…

  8. 便失禁

    意図せず便が直腸から漏れることを便失禁といいます。通常の状況では、便は直腸…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP