menu

膣エルビウムレーザーの安全性:過去8年間に治療された113,000人の患者の研究

医学誌Climactericに投稿された論文では、腹圧性尿失禁やGSMの治療に効果を示すとされて注目される最新医療エルビウム・ヤグ・レーザー(VEL)の安全性について研究がありました。

Safety of vaginal erbium laser: A review of 113,000 patients treated in the past 8 years
M. Gambacciani  Climacteric
Volume 23, 2020 – Issue sup1: Vaginal lasers in gynecology: the peer-reviewed Proceedings of the 5th VELA Meeting

 

世界規模の調査

グローバル調査は、非アブレーションVEL™(Fotona、リュブリャナ、スロベニア)を使用して開業医を対象に実施されました。ユーザーは、VEL™で治療された患者の数と観察されたレーザー関連の副事象(AE)の数を調査しました

 

予測どおり副作用が少ない

調査は2018年8月から2019年4月まで実施されました。535人の開業医からの回答が収集され、2012年から2019年までの期間に合計113,174人の患者が治療を受けました。535人の回答者のうち、160人(30%)が62,727人の患者の集団で治療した適応症に対して、188人(35%)の回答者は43,095人の患者の治療された集団で観察されたAEの頻度に関する情報を提供しました。観察されたすべてのAEは軽度から中等度で、一過性であり、低頻度でしかありませんでした。

 

副作用の出るときは、過剰な時や誤用が多い

この調査によって収集されたAEの全体的な頻度を、VEL™テクノロジーが同じ適応症に使用された公開された研究で報告されたAEの頻度と比較すると(19件の試験のプールデータとファイルのFotonaデータからの合計1,570人の患者)、結果の高い一貫性が観察されました。過剰治療の結果であり、レーザーの誤用の結果と見なすことができる火傷の発生頻度は非常に低く、これらは7人(188人中3.7%)の回答者によってのみ報告されています。これらのデータは、医師の経験数が増えると減少していきますので、治療件数の多い医師では副事象は少ないといえます。

 

 

太極拳は女性の骨を守ります

血液検査で、症状が現れる前にアルツハイマー病を見つけることができるようになるでしょう

関連記事

  1. 豆腐はあなたの心臓を助けてくれます

    豆腐、大豆、その他のマメ科植物に含まれる化合物は、心臓発作の予防に役立つ可…

  2. 結腸癌を克服するために

    推奨されるスクリーニングガイドラインに従えば、最も致命的な癌の1つを治癒可能…

  3. 間質性膀胱炎の高圧酸素治療:前向きパイロット研究…

    間質性膀胱炎に対して高圧酸素治療をする初期の論文です6人の患者が高…

  4. 心臓の問題に関連する乳がんの放射線

    放射線療法は乳がんの効果的な治療法ですが、この療法中に女性が受ける放射線被…

  5. 大豆レシチンや卵黄や落花生油の活性成分パルミトイ…

    大豆レシチンや卵黄や落花生油に抗炎症作用と鎮痛作用を示す成分があることが知ら…

  6. COVID-19診療で研修医の燃え尽き症候群が増…

    懸念しているとおり、若いドクターは燃え尽き始めている。米国の新型コ…

  7. 糖尿病予備群を早期に特定することは、糖尿病やその…

    糖尿病予備群(前糖尿病)は、血糖値が上昇しているが、糖尿病のしきい値を満たす…

  8. 心房細動の早期検出のために短いECG信号から特徴…

    初期の心房細動(AF)は持続時間が短く、無症候性であることがあり、検出が困…

PAGE TOP