menu

腸内細菌を調整すると、がん治療に対する反応が改善の可能性

腸内細菌は、がん治療に役割を果たす可能性があります。

 

がんの治療に反応の悪い人へ、反応の良い人の便を移植

 

国立がん研究所(NCI)がん研究センターの研究者は、腸内の微生物の種類を調整することは、進行した黒色腫(積極的なタイプの皮膚癌)を持つ人々が過去にうまくいかなかった免疫療法治療に反応するのを助けることを発見しました。

2021年2月4日にサイエンスで発表されたこの研究は、ペンブロリズマブとニボルマブの2つの免疫療法薬の1つに反応しなかった黒色腫を持つ15人を観察しました。

Science
. 2021 Feb 5;371(6529):595-602. doi: 10.1126/science.abf3363.
Fecal microbiota transplant overcomes resistance to anti-PD-1 therapy in melanoma patients
Diwakar Davarら

研究者たちは、これらの非応答者に便移植を行った。

 

この治療法は、レシピエントの結腸にドナーから便の材料を移植することによって、ある人の腸から別の人の腸に微生物を導入するように考えられています。

そこで、がんに対して、薬剤の効果がある人たちの便をドナーとしました。

 

研究者がこの治療を実行すると、非応答者の多くは免疫療法薬に対する改善された応答を示した。

そのうちの6つでは、腫瘍が縮小するか、その状態が安定した。より多くの研究が必要であるが、研究チームは、これは癌治療における腸内微生物の役割の背後にあるメカニズムを解き放つ第一歩であると考えています

 

 

 

このがん治療である抗プログラム細胞死タンパク質1(PD-1)療法は、進行した黒色腫患者に長期的な臨床的利益があることが知られています

腸内微生物叢の組成は、前臨床モデルおよび癌患者における抗PD-1有効性と相関することがすでにわかっています

腸内微生物叢を変えることで抗PD-1に対する耐性を克服できるかどうかを調べるため、この便移植が考え出されました

 

 

胎児の便を移植

 

 

同時期に、胎児の便を移植する報告もあります

Science
. 2021 Feb 5;371(6529):602-609. doi: 10.1126/science.abb5920. Epub 2020 Dec 10.
Fecal microbiota transplant promotes response in immunotherapy-refractory melanoma patients
Erez N Baruchら

 

本研究では、第1相臨床試験を実施し、抗PD-1-難治性転移性黒色腫患者10人における胎児微生物叢移植(FMT)および抗PD-1免疫療法の再導入の安全性を評価した。

2人の部分的な応答、および 1つの完全な応答、以上3人の患者で臨床的応答を観察した。

 

特に、FMTによる治療は、腸内層プロプリアおよび腫瘍微小環境の両方における免疫細胞浸潤および遺伝子発現プロファイルの好ましい変化と関連していた。

これらの初期の知見は、がん治療における腸内微生物叢の調節に影響をあたえるだろうと考えました

 

 

間質性膀胱炎が治らないのは、膣の健康状態が悪い可能性

経腟分娩は、骨盤底障害を起こしやすい

関連記事

  1. 痔核は私の癌のリスクを高めますか?

    痔核は、結腸がんや直腸がんのリスクを引き起こしたり、増加させたりすることは…

  2. 心臓病と脳卒中:リスクを下げる方法

    新年あけましておめでとうございます私たちの多くが心臓病と…

  3. 母乳育児は、リスクの高い女性を後年の糖尿病から保…

    Diabetes Care に2020年に発表された論文では授乳の効果を統…

  4. 線維筋痛症は腸内細菌を変えると改善する

    マギル大学の研究者は、腸内細菌の病気の生物学的マーカーと血中の炎症性微生物…

  5. COVID-19-がんの相互作用

    ダナファーバー癌研究所のハーバード大学医学部の研究者や他の機関による報告書…

  6. ビスフェノールA(BPA)は短命に関連しています…

    JAMA Network Openが2020年8月17日にオンラインで公開し…

  7. 寝すぎも寝不足も認知症になりやすい

    英国(English Longitudinal Study of Agei…

  8. 新しいアルゴリズムは、腫瘍がDNAを大幅に書き換…

    医学誌 CELL に報告された論文によると、ウェイル・コーネル大学とニュー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP