menu

TVT手術失敗後の筋膜スリングの成功率

TVT手術がうまくいかない。ということは、統計上2%あります
このとき、有効なのが、筋膜スリングという自分の体を利用した治療があります

この研究は、イランの医師たちにより、さまざまなタイプの失敗した抗失禁手術後のサルベージ手順として、自家恥骨膣筋膜スリング(AFPVS)の長期転帰を評価することを目的に実施されました。

 

2005年から2015年にかけて医療センターで何らかの抗失禁手術を受けた後に、尿失禁がなおらずにサルベージとして、AFPVSを受けた患者の医療記録を後ろ向きにレビューしました。これには、Revised Urinary Incontinence Scale (RUIS)というアンケートを用いています

 

Urine leakage relate to the feeling of urgency
尿漏れは切迫感に関係していますか?
Not at all

0

Slightly

+1

Moderately

+2

Greatly

+3

Urine leakage related to physical activity, coughing or sneezing
身体活動、咳またはくしゃみに関連する尿漏れがありますか?
Not at all

0

Slightly

+1

Moderately

+2

Greatly
Small amounts of urine leakage (drops)
少量の尿漏れ(滴下)がありますか?
Not at all
0
Slightly
+1
Moderately
+2
Greatly
+3
How often do you experience urine leakage?
どのくらいの頻度で尿漏れを経験しますか?
Never
0
Less than once a month
+1
A few times a month
+2
A few times a week
+3
Every day and/or night
+4
How much urine do you lose each time?
毎回どのくらいの尿を失いますか?
None
0
Drops
+1
Small splashes
+2
More
+3
TVT手術でうまくいかなかった場合に実施した筋膜スリングとは、イメージ図で書くとこんな感じです
TVT手術では、尿道の下の部分のメッシュテープが感染症をおこしたり、拒絶反応をおこします。この割合が米国の調査で、2.2%です
そこで、この部分を人間の体で補うというものです。
この組織は、腹部の筋肉をつかう場合がおおいです
腹部の血流のよい組織ならなんでもかまいません。
研究対象は、50歳前後で40人です
平均追跡期間は62.6±32.4ヶ月(範囲12-120)でした。40人の患者のうち、14人(35%)は腹圧性尿失禁SUIを有し、26人(65%)は混合性尿失禁を訴えたていました
合計15人(37.5%)の患者がBurch colposuspentionに失敗し、5人(12.5%)TVT、8人(20%)TOT、3人(7.5%)AFPVS、5人(12.5%)の患者がミニスリング手順の失敗でした
そこで、筋膜スリングをおこなった場合の結果です
彼らの調査では、全体的な成功率は65%でした。新たに発症した切迫性尿失禁が患者の25%で検出されています。

がんサバイバーの睡眠は治療後ずっと影響を受けます

世界を変える科学的ブレークスルーに必要な条件

関連記事

  1. 喫煙は心血管リスクを伴います

    『私は本当に喫煙者ではありません。私は一日に数本のタバコを吸うか、週末に外…

  2. 毎日の運動は癌による死亡を減らすかもしれません

    JAMA Oncologyが 2020年6月18日にオンラインで公開した研…

  3. カフェインと妊娠:BMJのメタアナリシスでは、や…

    カフェインは歴史上最も広く向精神薬として使われてきました。調査によると、消…

  4. 女性の心臓発作

    心臓発作は男性と女性の両方に起こりますが、女性によく見られます。しかし、多…

  5. 運動は膀胱脱(膀胱瘤)を引き起こしますか?

    膀胱が骨盤から落ちて膣内に突き出ると、膣から脱出したと言われます。膀胱瘤(…

  6. ウロダイナミック検査って、何ですか?

    ウロダイナミック検査(尿流動態検査)は、膀胱、括約筋、および尿道が、尿をどの…

  7. 英国では、骨盤臓器脱メッシュ手術のリスクの認識を…

    世界に先駆けて骨盤臓器脱メッシュ手術の危険性を政府が認めた英国では、手術の…

  8. 全身を脅かす可能性のある隠れた歯科疾患の危険性

    虫歯や歯周病は、脳や心臓の感染症など、深刻な健康問題を引き起こす可能性があ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP