menu

進行期ホジキンリンパ腫に対する新たな予後予測ツール

 

この論文では、古典的ホジキンリンパ腫(CHL)における予後予測ツールの更新に着目しています。CHLは主に若年成人に発症する悪性リンパ腫であり、一般的には予後が良好です。現在、CHLの予後予測にはGerman Hodgkin Study Groupが1998年に提案した国際予後スコア(IPS)が広く使われています。しかし、近年ではA+AVD療法などの治療法の進展により、CHLの治療戦略および予後が改善しています。そのため、新たな予後予測ツールが求められていました。

この研究では、Hodgkin Lymphoma International Study for Individual Care(HoLISTIC)コンソーシアムがデータベースを作成し、新たに診断された進行期CHLの個別患者データを取得しました。このデータを活用して、進行期CHL国際予後指標(A-HIPI)の開発と検証を行いました。

A-HIPIの開発コホートには、1996年から2014年の間に実施された8件の第III相臨床試験から4022例、検証コホートには1996年から2019年に構築された4件のレジストリから1431例が登録されました。対象は18-65歳の新たに診断されたステージIIB、IIIまたはIVの進行期CHL患者でした。

A-HIPIの予後予測モデルには年齢、病期、リンパ球数、アルブミン値、性別、巨大腫瘍病変、ヘモグロビン値が組み込まれており、5年無増悪生存率(PFS)は77%、5年全生存率(OS)は92%と示されました。

この結果から、A-HIPIは従来のIPSよりも進行期CHLに対する予後予測指標として優れていると考えられました。

日常臨床での活用: この研究は臨床試験のデータセットを解析したものであり、高齢者に対するデータが少なく、新薬の導入前のデータも含まれています。そのため、さらなる臨床試験や実臨床における検証が必要です。しかし、A-HIPIは従来のIPSよりも良好な予後予測指標としての可能性が示されました。今後、さらなる研究によってその有用性が明らかにされれば、CHLの治療戦略や予後予測において重要なツールとなるでしょう。また、日本国内での検証も期待されます。

 

The Advanced-Stage Hodgkin Lymphoma International Prognostic Index: Development and Validation of a Clinical Prediction Model From the HoLISTIC Consortium

更年期障害と記憶

メッシュを使用した鼠径ヘルニア修復手術の鼠径部疼痛

関連記事

  1. 若くても骨盤臓器脱になりますか?

    多くのわかい女性でも不快感に悩まされていますが、相談できないため実態がわ…

  2. コーガン症候群

    コーガン症候群とは何か?コーガン症候群は、耳と目の炎症を特徴とするまれな…

  3. 健康的なセックスライフの心臓

    定期的な性生活は多くの心臓の健康上の利点を提供します。しかし、あなたは心臓…

  4. 線維筋痛症:運動が役立ちます

    医学誌BMJに報告された研究では、運動の効果がみとめられました。線維筋痛症…

  5. 限局性前立腺がんの前立腺摘出手術が必要か否か?の…

    根治的前立腺全摘除術は、臨床的に限局性前立腺癌が検出された男性の死亡率を低…

  6. ヘルペス髄膜脳炎

    髄膜は、脳を覆う薄い組織の層です。これらの組織が感染すると、髄膜炎と呼ばれ…

  7. 間質性膀胱炎に対する膀胱BTX-A注射治療と膀胱…

    中国広東省広州南部医科大学朱江病院泌尿器科の研究によると膀胱水圧拡張と同等に…

  8. 尿の中には善玉菌?が住んでいたという驚きの発見

    尿中マイクロバイオームと尿失禁の間の新たなつながりほとんど…

PAGE TOP