menu

痛みのギャップ

痛みのギャップ

科学者たちは、女性が男性よりも慢性的な痛みに対処することが多い理由をまだ解明しようとしています。その間、必要な助けを見つける方法を紹介します。

頭痛で悩む女性の写真

痛みがあると、なぜかを知りたくなります。特に痛みが日々続くと、診断がつかないという frustrastion(苦悩)が現実になります。そして、これが慢性疼痛の性別間の不透明で持続的な差異に積み重なります。

性別間の慢性疼痛の不均衡な有病率は長らく認識されています。女性は男性よりも慢性疼痛の問題に6%高い割合で対処しています。それは背中、腰、膝の痛み、片頭痛、関節炎、ループス、線状皮膚筋痛症などに当てはまります。さらに、一部の慢性疼痛疾患は女性だけに発症し、子宮内膜症、膀胱の状態である膀胱間質性膀胱炎、外陰部に影響を及ぼす外陰部疼痛症(バルボディニア)、骨盤関節と腰部周囲の疼痛を伴う骨盤帯症候群などです。

しかし、まだ分かっていないのは、その理由です。「この格差は存在することはわかっていますが、その原因は何なのか」と、ハーバード系病院のブリガム・アンド・ウィメンズ病院の疼痛医学部門のChristopher Gilligan博士は述べています。

 

エストロゲンの役割

エビデンスは、ホルモンが一因であることを示唆しています。新しい研究では、初めて月経(月経として知られる時期)を迎えた年齢が若い女性は、成人期に慢性疼痛を持つ可能性が高いという結論が出ました。この分析は、2022年9月に「Pain」というジャーナルに掲載され、平均年齢55歳の12,000人以上の女性のデータを評価しました。月経の報告された年齢の全範囲である9歳から18歳まで、月経が1年遅れるごとに慢性疼痛のリスクが2%減少しました。

研究著者によれば、この結果は初期月経からの増加したエストロゲンレベルへの暴露が疼痛に寄与する可能性があること、および全体的な性別間の疼

痛差に寄与する可能性があることを示唆しています。それにもかかわらず、遺伝子や他の生物学的要因も責任を負っている可能性があります。

慢性疼痛の経路

慢性疼痛の負担を増やす要因の1つは、多くの女性が正確な診断を受けるのが難しいことです。これは効果的な治療を遅らせる可能性があります。Dr. Gilliganは、必要な助けを得るための以下の戦略を提供しています。

1.根気強く続ける。主治医が痛みの原因を特定できない場合、他の医療専門家への紹介や推薦を求めてください。また、「あなたが聞いてもらえていないと感じる場合は、あなたを聞いてくれるプロバイダーを見つけるまで、2番目または3番目の意見を求めることも大切です」と彼は付け加えています。

2.柔軟でいること。薬物療法に頼る前に、物理療法や職業療法を含むさまざまな治療アプローチを試してみるオープンマインドでいましょう。

3.CBTを検討する。認知行動療法は、疼痛の知覚を変え、対処スキルを教えるのに役立ちます。

4.サポートを求める。オンラインや対面のサポートグループは、他の人々とつながり、彼らの疼痛緩和戦略を共有できます。また、一部の病院では「機能回復プログラム」と呼ばれる、慢性疼痛患者向けのリハビリテーションプログラムも提供されており、これにはグループサポートが含まれています。

閉経に関連する肌ケア製品が増えているが、それは単なる宣伝なのか?

予防可能な肝臓疾患が増加中:食事に気をつけよ

関連記事

  1. 人工知能(AI)を使用して、早期乳がんの進展を予…

    American Journal of Physiology-Cell P…

  2. 低活動膀胱を知っていますか?

    聞きなれない病名”低活動膀胱”低活動膀胱という病気は?膀胱収縮の減弱…

  3. 間質性膀胱炎に対するパルスラジオ波治療は可能性の…

    この症例報告間質性膀胱炎(IC)の35歳の女性が、パルスラジオ波(PRF)…

  4. 間質性膀胱炎の潰瘍は、レーザー治療が効果がある

    アルバートアインシュタイン医科大学の研究者らがおこなった2001年の報告で…

  5. 間質性膀胱炎の統計調査と男女比

    間質性膀胱炎は女性に多い病気です。人口に対する間質性膀胱炎の比率を出すために…

  6. 膣エルビウムレーザーの安全性:過去8年間に治療さ…

    医学誌Climactericに投稿された論文では、腹圧性尿失禁やGSMの治療…

  7. 家族に自殺願望があるとき

    JAMAに報告された研究は、この春、アメリカ人の間でうつ病が3倍になったこ…

  8. アスピリンが大腸がんの予防になるとされる研究

    JAMAオンコロジーにて2021年に発表された、ハーバード大学の研究によると…

PAGE TOP