menu

55歳以下の女性は心臓発作の主要なリスク要因が異なる

55歳以下の女性は、同じ年齢グループの男性と比較して、心臓発作の主要なリスク要因が異なる可能性があると、新しい研究が示唆しています。この研究は、高血圧、糖尿病、うつ病、低所得など、心臓発作のリスク因子が異なることを示唆しています。

2022年5月3日にJAMA Network Openでオンラインで発表されたこの研究は、55歳以下の心臓発作患者2,264人のデータを分析し、同じ年齢、性別、人種の成人と心臓発作の経験がない成人とのデータを比較しました。

研究者は、女性と男性の両方の心臓発作リスクのほとんどを説明する7つのリスク要因を見つけました。これらの要因には糖尿病、うつ病、高血圧、現在の喫煙、心臓発作の家族歴、低所得、高コレステロールが含まれます。しかし、男性にとっては、主要な心臓発作リスク因子は現在の喫煙と家族歴でした。一方、女性にとっては、これら2つのリスク因子も糖尿病よりも低いランクでした。うつ病、高血圧、低所得も、家族歴よりも女性の心臓発作と強く関連しているようです。

研究者は、これらの結果から、55歳以下の女性と男性の心臓発作を予防するための性別固有の戦略が必要であると述べています。

予防可能な肝臓疾患が増加中:食事に気をつけよ

歩行・ガーデニング・お掃除・普段の身体活動が、女性のパーキンソン病を遅らせる

関連記事

  1. 人工知能(AI)を使用して、早期乳がんの進展を予…

    American Journal of Physiology-Cell P…

  2. 低活動膀胱を知っていますか?

    聞きなれない病名”低活動膀胱”低活動膀胱という病気は?膀胱収縮の減弱…

  3. 間質性膀胱炎に対するパルスラジオ波治療は可能性の…

    この症例報告間質性膀胱炎(IC)の35歳の女性が、パルスラジオ波(PRF)…

  4. 間質性膀胱炎の潰瘍は、レーザー治療が効果がある

    アルバートアインシュタイン医科大学の研究者らがおこなった2001年の報告で…

  5. 間質性膀胱炎の統計調査と男女比

    間質性膀胱炎は女性に多い病気です。人口に対する間質性膀胱炎の比率を出すために…

  6. 膣エルビウムレーザーの安全性:過去8年間に治療さ…

    医学誌Climactericに投稿された論文では、腹圧性尿失禁やGSMの治療…

  7. 家族に自殺願望があるとき

    JAMAに報告された研究は、この春、アメリカ人の間でうつ病が3倍になったこ…

  8. アスピリンが大腸がんの予防になるとされる研究

    JAMAオンコロジーにて2021年に発表された、ハーバード大学の研究によると…

PAGE TOP