menu

初期の心不全の警告サイン

初期の心不全の警告サイン

早い段階で心不全を認識し、治療することは、この深刻な状態の進行を遅らせるかもしれません。2022年6月1日に発表された情報をもとに、ハーバード・ハート・レターのエグゼクティブエディター、ジュリー・コーリス氏がまとめました。審査は、ハーバード・ハート・レターの元編集長であるディーパク・L・バット博士が行いました。

もし最近、普段よりも疲れや息切れを感じるようになったら、それを年を取ったせいや体型が悪い、体重超過のせいだと諦めるのは簡単です。しかし、これらの症状が持続する場合、無視しないでください。特に、足首の腫れや寝転がったときの呼吸の困難さも感じる場合は、これらの症状を無視しないでください。

これらはすべて、早期の心不全の典型的な症状であり、心臓が体全体に効果的に血液を送り出すことができない場合に起こります(「心不全のFACES」を参照)。心不全の検出と治療の最近の進歩により、心不全の負担を軽減するのに役立つかもしれません。心不全は、65歳以上の人々の入院の主要な原因の一つです。

一般的に、人々は心不全を発症する可能性があることを認識しておらず、また、それがどれほど危険であるかを十分に理解していないことが多いです。ハーバード医学大学の医学教授である心臓病専門医のジェームズ・ジャヌッツィ博士は、「しかし、2型糖尿病などの最も高いリスクを持つ人々に早期の心不全を識別するためのツールがあります」と述べています。

 

心不全のFACES

患者と医師が可能な限り迅速に心不全の症状を見つけるのを助けるために、アメリカ心不全学会は簡単な頭字語を考案しました:FACES。

– F. Fatigue(疲労):心臓が酸素豊かな血液を体の必要に応じて供給できないため、一般的な疲労感や倦怠感が生じます。
– A. Activity limitation(活動制限):心不全の人は疲れやすく、食事の準備や短い散歩などの日常活動に苦労することがよくあります。
– C. Congestion(充血):心臓のポンプ機能の低下により、血液がバックアップし、液体が肺に漏れ出すことがあります。その結果、肺の充血が咳や喘鳴を引き起こすことがあります。
– E. Edema or ankle swelling(浮腫または足首の腫れ):余分な液体は足首、足、太もも、腹部にたまることがあります。余分な液体は体重の急激な増加も引き起こす可能性があります。

コーガン症候群

「医者の言葉」を理解する方法

関連記事

  1. 尿道憩室切除をした後の尿失禁は、人工メッシュテー…

    尿道憩室はわかい女性にも多く存在する治療しにくい病気です。先天的に尿道の脇…

  2. 行動療法は過活動膀胱の症状を和らげることができま…

    しかし、2020年1月13日にJAMA内科によってオンラインで公開された研…

  3. 痛風を治療する

    痛風は最も一般的なタイプの炎症性関節炎です。これは、関節内の尿酸の結晶化によ…

  4. 特定の運動は私の骨盤臓器脱を悪化させる可能性があ…

    骨盤臓器脱は、骨盤臓器を支えるお椀型の筋肉や組織の弱体化によって引き起こさ…

  5. 慢性関節炎があってもスポーツできます

    痛みがない、怪我から回復している、または慢性関節炎を管理している場合でも、次…

  6. ネオジムYAGレーザーによる間質性膀胱炎の治療:…

    ネオジムYAGレーザーによる間質性膀胱炎の治療は2001年に発表されて有望…

  7. より大きな認知リスクと関連する抗コリン薬

    Neurologyによって2020年9月2日にオンラインで公開されました論文…

  8. 一般的な外陰部皮膚の管理

    外陰部はいま注目の臓器です。違和感や痛みは、見逃された外陰部の皮膚にある可…

PAGE TOP