menu

人工知能

  1. 間質性膀胱炎に対する微弱な膣ヤグ・レーザー治療

    日本の研究チームは、かねてからレーザー治療が間質性膀胱炎潰瘍の炎症に有効とされてきました。また、…

  2. 膣エルビウムレーザーの安全性:過去8年間に治療された113,000人の患者の研究

    医学誌Climactericに投稿された論文では、腹圧性尿失禁やGSMの治療に効果を示すとされて注目…

  3. ハーバード大学は、オンラインモデル(人口知能)で前立腺生検を減らす計画

    癌があるかどうかの診断には、標準的なのは繰り返し生検を行うことですが、これは費用がかかり、不快であり…

  4. AI(人工知能)の次のシステム 

    INDRA(インドラ)は、Integrated Network and Dynamical Reas…

  5. 線維筋痛症は腸内細菌を変えると改善する

    マギル大学の研究者は、腸内細菌の病気の生物学的マーカーと血中の炎症性微生物因子を初めて特定したと報…

  6. 人工知能(AI)を使用して、早期乳がんの進展を予測

    American Journal of Physiology-Cell Physiologyに発表…

  7. 人工知能による認知症の予測

    人工知能による認知症の予測は、睡眠中の電気的活動の測定に基づいて、人の年代順の年齢と脳の生物学的年…

  8. 人工知能を用いた心房細動の予測

    欧州心臓病学会(ESC2020)にて台湾研究者らは、ビッグデータとAI(Artificial In…

  9. 新しいアルゴリズムは、腫瘍がDNAを大幅に書き換える方法のパターンを明らかにします

    医学誌 CELL に報告された論文によると、ウェイル・コーネル大学とニューヨークゲノムセンターの研…

  10. 人工知能プログラムは、作家、ジャーナリスト、詩人に取って代わることができますか?

    GPT-3によって生成された言語は、人間によって書かれたように聞こえます。OpenAIは、…

  11. 人工知能AIで外来がん患者の短期死亡を予測

    過剰な治療をすることがないように、AIを活用することが注目されています。JAMAオンコロジーに報告…

  12. 心房細動の早期検出のために短いECG信号から特徴を抽出する人工知能

    初期の心房細動(AF)は持続時間が短く、無症候性であることがあり、検出が困難です。モバイルセンシン…

  13. 顔の表情から痛みの強さを検出する人工知能:アンサンブルニューラルネットワークアプローチ

    微調整された3ストリームハイブリッドディープニューラルネットワークを統合するアンサンブルディープラ…

  14. 生きるためのアルゴリズム

    AIの開発と実装に倫理的および社会的アプローチを実際に統合するという課題は、テクノロジーに対する国…

  15. 人工知能プログラムPython入門

    最初のステップはPythonをインストールすることです。Mini-Condaを介してPythonを…

  16. 人工知能と外科ロボティクスの未来

    ロボットによる手術についての特集がカリフォルニア大学の研究者らが論文よとして発表しています。(リン…

  17. ビッグデータを活用して心臓をサポートする

    スマートフォンで撮った目の写真が心臓発作のリスクを判断し、スマートウォッチが脳卒中を経験する確率を…

  18. 腹圧性尿失禁を膣レーザー治療で改善する。

    クロアチアの研究者による前向きコホート研究は、あたらしい可能性を示します。2016…

PAGE TOP