menu

心臓にはラケットスポーツにも大きなメリットがある可能性

2016年11月28日にBritishJournal of Sports Medicineによってオンラインで公開されたこの研究によるとヨーロッパとオーストラリアの研究者のチームは、英国とスコットランドの大規模な健康調査を調べて、ある形態の活動が他の形態よりも大きな利益をもたらすかどうかを調べました。

彼らは、6つの異なるタイプの運動と80,306人の心血管疾患による死亡のリスクとの関連を調べました。そのうちの54%は女性でした。30歳から98歳の参加者は、平均9年間追跡されました。その期間中に、8,790人が死亡し、1,909人が心血管系の原因で死亡しました。

研究者は、ラケットスポーツが何らかの原因で死亡するリスクの最低(47%)の減少に関連していると判断し、次に水泳(28%)、エアロビクス(27%)、サイクリング(15%)が続きました。考慮された他の2つの活動(ランニングとサッカー)は、リスクの大幅な低下とは関連していませんでした。

彼らはまた、サイクリング、ランニング、サッカーではなく、ラケットスポーツ(56%)、水泳(41%)、エアロビクス(36%)の心血管死の有意な減少を発見しました。(ラケットスポーツ、水泳、エアロビクスはすべて、上半身と下半身の両方を激しい運動に従事させ、心臓の働きを困難にします。)データは、参加者が選択した活動が何であれ、運動の頻度が高いほど、死亡のリスクが低下することを示しました。 。

ただし、心血管疾患やその他の慢性疾患のリスクを軽減することが示されているウォーキングには注目していません。ただし、あまり研究されていないラケットスポーツにも大きなメリットがある可能性があることを示しています。

世界的な調査によると、女性は現在男性とほぼ同じくらいアルコールを飲んでいます

慢性疲労症候群は腸内細菌が関係しています

関連記事

  1. アルコールは筋肉増強にどのように影響するか

    最新の研究では、トレーニングの後でアルコールを飲むと、トレーニングが無駄にな…

  2. 走り始めの6秒間しか蓄積酸素はもたない

    スタートのところでは、いつも待たされますね。そして、いざ、号砲とともに走り出…

  3. 高度トレーニングが一部の人には役立つが他の人には…

    高度トレーニングキャンプに対するヘモグロビン質量応答の変動性Sca…

  4. アルツハイマー認知症には、運動を

    アルツハイマー認知症には、ランニングをもちろん、ウオーキングでもいいです…

  5. フルマラソンの後、疲れが取れない人は低テストステ…

    フルマラソン42.195kmの後は、7日間は休みましょう。走ることにより、…

  6. ランニング関連頭痛とは?

    ズキズキする頭痛のために、ランナーは走ることができない場合があります。また…

  7. 運動強度と消費する栄養

    脂肪は激しい運動ではなく強度の低い運動にてエネルギー源になります。た…

  8. 前傾姿勢で走ると膝の負担が小さい

    多くの人がフルマラソンの後に膝の痛みを訴えます。膝は一度痛めると長引きます…

PAGE TOP