menu

米国政府FDAは骨盤臓器脱に使う膣メッシュ製品を市場から排除します

FDAによると、1990年代から経膣骨盤臓器脱の処置に使用されてきた経膣メッシュは、安全性と有効性への懸念から、米国では販売できなくなりました。これらのメッシュ製品に関連する問題を報告する女性に関する報告は、過去数年間で増加しています。

メッシュの会社への命令

FDAは、メッシュを製造する企業が、自社製品を使用した外科的処置がメッシュを使用しない場合よりもうまく機能することを実証できなかったため、決定を下したと述べました。彼らはまた、メッシュが長期にわたって安全で効果的であるという証拠を提出しなかったとFDAは述べた。

骨盤臓器脱メッシュをうけた人は主治医に相談を

メッシュを使用した手技を受け、鼠径部の痛み、持続的な膣からの出血、性交時の痛み、または膣分泌物などの合併症を経験している女性は、医師に通知する必要があります。メッシュを使用した処置を受けたが問題がない女性は、通常の検査を受ける以外に何もする必要はないとFDAは述べた。

心不全は、日帰り手術での 90日の死亡率と30日の術後合併症と有意に関連していました。

ハーバード大も骨盤臓器脱メッシュに慎重な構え

関連記事

  1. 親密なパートナーの暴力を理解する

    パンデミックは虐待的な関係にある人々の生活をさらに困難にしているかもしれませ…

  2. 月経カップの誤用は骨盤臓器脱を引き起こす可能性が…

    月経カップは膣にフィットし、生理中の血液を集めます。現在、英国では規制され…

  3. 間質性膀胱炎に対するパルスラジオ波治療は可能性の…

    この症例報告間質性膀胱炎(IC)の35歳の女性が、パルスラジオ波(PRF)…

  4. 経腟分娩は、骨盤底障害を起こしやすい

    経膣分娩と帝王切開分娩後の骨盤底の罹患率について調べた論文があるスペ…

  5. 60歳以上の女性で切迫性・混合性尿失禁が増加傾向…

    2005年から13年間の20歳以上の米国女性1万9791人を対象した研究では…

  6. 慢性関節炎があってもスポーツできます

    痛みがない、怪我から回復している、または慢性関節炎を管理している場合でも、次…

  7. 寝すぎも寝不足も認知症になりやすい

    英国(English Longitudinal Study of Agei…

  8. VIEW medical site

    酒皶は閉経期に発赤する可能性があります

    全米で約1600万人がもつ酒皶は、ほとんどの場合、赤面しやすい色白の人に発…

PAGE TOP