menu

米国政府FDAは骨盤臓器脱に使う膣メッシュ製品を市場から排除します

FDAによると、1990年代から経膣骨盤臓器脱の処置に使用されてきた経膣メッシュは、安全性と有効性への懸念から、米国では販売できなくなりました。これらのメッシュ製品に関連する問題を報告する女性に関する報告は、過去数年間で増加しています。

メッシュの会社への命令

FDAは、メッシュを製造する企業が、自社製品を使用した外科的処置がメッシュを使用しない場合よりもうまく機能することを実証できなかったため、決定を下したと述べました。彼らはまた、メッシュが長期にわたって安全で効果的であるという証拠を提出しなかったとFDAは述べた。

骨盤臓器脱メッシュをうけた人は主治医に相談を

メッシュを使用した手技を受け、鼠径部の痛み、持続的な膣からの出血、性交時の痛み、または膣分泌物などの合併症を経験している女性は、医師に通知する必要があります。メッシュを使用した処置を受けたが問題がない女性は、通常の検査を受ける以外に何もする必要はないとFDAは述べた。

心不全は、日帰り手術での 90日の死亡率と30日の術後合併症と有意に関連していました。

ハーバード大も骨盤臓器脱メッシュに慎重な構え

関連記事

  1. 間質性膀胱炎の統計調査と男女比

    間質性膀胱炎は女性に多い病気です。人口に対する間質性膀胱炎の比率を出すために…

  2. 最近の試験では、間質性膀胱炎に対するDMSO膀胱…

    ジメチルスルホキシド(DMSO)は、間質性膀胱炎/膀胱症候群(IC / P…

  3. 高圧酸素療法とは、何ですか?

    高圧酸素療法では、加圧された部屋またはチューブで純粋な酸素を呼吸します。高…

  4. 網膜前膜患者は片眼で物を見る動作が多いことがわか…

    JAMAに報告された新しい報告では、網膜前膜(ERM)成人患者135例を対…

  5. 年齢が高い女性ほど進行した子宮頸がんの診断が多い…

    年齢が高い女性ほど進行した子宮頸がんの診断が多く、長期の生存率も若い女性に比…

  6. 不眠症の科学

    不眠症のない人でも、ぐっすり休むのに苦労することがあります。狂った仕事のスケ…

  7. 認知症とアルコール

    JAMA NetworkOpenによって2019年9月27日にオンラインで…

  8. 小さなリンゴでも糖尿病を防ぐのに役立つかもしれま…

    BMJが2020年7月8日にオンラインで公開した研究によると、果物と野菜の…

PAGE TOP