menu

長期記憶における新しいキープレーヤーの発見

マギル大学の多施設研究チームは、Natureに研究成果を報告しました。

人間の記憶の統合中に、興奮性ネットワークと抑制性ネットワークという2つの異なる脳ネットワークで少なくとも2つの異なるプロセスが発生することを発見しました。

興奮性ニューロンは記憶トレースの作成に関与し、抑制性ニューロンはバックグラウンドノイズを遮断し、長期的な学習を可能にします。

記憶の統合に関与するニューロンを探す

短期記憶(ほんの数時間続く)はどのようにして長期記憶(数年続くかもしれません)に変わりますか?記憶の統合と呼ばれるこのプロセスでは、脳細胞で新しいタンパク質を合成する必要があることが何十年も前から知られています。しかし今まで、ニューロンのどのサブタイプがプロセスに関与していたかは知られていませんでした。

どのニューロンネットワークが記憶の統合に不可欠であるかを特定するために、研究者らはトランスジェニックマウスを使用して特定のタイプのニューロンの特定の分子経路eIF2αを操作しました。この経路は、長期記憶の形成を制御し、ニューロンのタンパク質合成を調節する上で重要な役割を果たすことがすでに示されています。さらに、初期の研究では、eIF2αが神経発達障害と神経変性疾患の両方にとって極めて重要であることが確認されていました。

興奮性および抑制性システムは両方とも記憶統合において役割を果たす

海馬の興奮性ニューロンにおけるeIF2αを介したタンパク質合成の刺激は、ニューロン間のコミュニケーションの部位であるシナプスの記憶形成と修飾を強化するのに十分であることがわかったと報告しています。

興味深いことに、特定のクラスの抑制性ニューロンであるソマトスタチン介在ニューロンにおけるeIF2αを介したタンパク質合成の刺激も、ニューロン接続の可塑性を調整することによって長期記憶を増強するのに十分であったのです。

これらの新しい発見は、抑制性ニューロン、特にソマトスタチン細胞におけるタンパク質合成を、アルツハイマー病や自閉症などの障害における可能な治療的介入の新しい標的として特定しています」と論文の著者であるマギル大学ナフムソネンバーグ博士は結論付けました 。

新型コロナウイルスは、変化している。再感染があります!

経皮的冠動脈インターベンション(PCI)と冠状動脈バイパス移植手術(CABG)の比較

関連記事

  1. 痔核は私の癌のリスクを高めますか?

    痔核は、結腸がんや直腸がんのリスクを引き起こしたり、増加させたりすることは…

  2. 親密なパートナーの暴力を理解する

    パンデミックは虐待的な関係にある人々の生活をさらに困難にしているかもしれませ…

  3. 母乳育児は、リスクの高い女性を後年の糖尿病から保…

    Diabetes Care に2020年に発表された論文では授乳の効果を統…

  4. 線維筋痛症は腸内細菌を変えると改善する

    マギル大学の研究者は、腸内細菌の病気の生物学的マーカーと血中の炎症性微生物…

  5. COVID-19-がんの相互作用

    ダナファーバー癌研究所のハーバード大学医学部の研究者や他の機関による報告書…

  6. 睡眠の質を改善するにはどうすればよいですか?

    成人は、平均して1泊あたり7〜9時間の睡眠をとる必要があります。65歳以上の…

  7. 寝すぎも寝不足も認知症になりやすい

    英国(English Longitudinal Study of Agei…

  8. あなたの過敏性腸症候群を引き起こしているもの

    過敏性腸症候群(IBS)の正確な原因は不明ですが、研究によると、IBSは身…

PAGE TOP