menu

より大きな認知リスクと関連する抗コリン薬

Neurologyによって2020年9月2日にオンラインで公開されました論文によると、抗コリン薬はより大きな認知リスクと関連することが明らかになりました。

 

抗コリン作用

多くの一般的に使用される薬には抗コリン作用があります。この作用は、神経伝達物質アセチルコリンの作用をブロックします。神経細胞はアセチルコリンを放出して、脳内や全身の他の神経にインパルスを伝達します。以前の研究では、これらの薬と認知症との関連性が示されています。現在の研究では、特に大量に服用した場合に、軽度認知障害(MCI)と同様の関連性があることがわかりました。

 

抗コリン作用は、過活動膀胱治療薬などの服用する薬の副作用

一部の薬は、尿失禁に使用されるものなど、アセチルコリンを遮断するように意図的に設計されています。しかし、多くの場合、抗コリン作用は、アレルギー、風邪、うつ病などの症状を治療するために服用する薬の副作用です。

 

適切な投与量に従うことに注意すること

研究者は、認知障害のない平均年齢74歳の688人の成人を募集しました。誰もが最大10年間毎年認知テストを受けました。少なくとも1つの抗コリン薬を定期的に服用した人は、薬を服用しなかった人と比較して、MCI(アルツハイマー病などの認知症の前兆であることが多い)を発症する可能性が47%高かいことがわかりました。高用量はまた、MCIを発症するリスクが高いことに関連しているようです。グループの約75%が、推奨される最小量の2〜4倍の量を摂取しました。研究者たちは、高齢者が定期的に医師と一緒に薬を見直し、適切な投与量に従うことに注意することの重要性を強調しました。

 

朝の一杯のコーヒーについて知っておくべき5つのこと

mRNAワクチンとは何ですか?COVID-19の予防にどのように役立ちますか?

関連記事

  1. 人工知能の予測によると乳がん死亡者が1%増加する…

    新型コロナウイルス感染症(COVID…

  2. スクリーニングのマンモグラフィは何歳まで続けます…

    ほとんどの女性は、不快でストレスを感じる可能性のある日常的なマンモグラムを…

  3. ケーゲル体操(骨盤底筋体操)

    ケーゲルを実行するには、最初に骨盤底筋を見つけてから、繰り返し収縮してリラ…

  4. 黒色腫は必ずしも既存のほくろから発生するとは限り…

    疑わしいほくろが皮膚がんの可能性をチェックすることは重要ですが、2017年…

  5. 心臓病と癌のリスクは関連している可能性があります…

    2019年11月にアメリカ心臓協会の科学セッションで発表された研究によると…

  6. 深刻な目の問題の警告サイン

    目は老化の損耗から免除されていません。加齢に伴う目の変化の中には、…

  7. タダラフィルの適応

    タダラフィルは、最も人気のあるED薬の1つです。その大きな魅力は?薬は毎日…

  8. 片麻痺

    片麻痺(片麻痺と呼ばれることもあります)は、脳損傷によって引き起こされる状態…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP