menu

卵巣がん予防: 卵管切除を検討すべきか?米国ガイドライン

卵巣がん予防: 卵管切除を検討すべきか?

 

卵巣がんのリスクを下げるために、卵巣がんリサーチアライアンス(OCRA)からの最近の勧告は、女性が子供をもう産まない予定であり、他の理由で婦人科手術を受ける予定の場合、卵管を切除することを検討すべきだと奨励しています。この新しい指針は、高リスクの遺伝子変異を持つ女性や卵巣がんの家族歴のある女性に対するアドバイスを補完しています。

なぜこの新しいガイダンスが提供されているのでしょうか?
アメリカ癌協会によると、卵巣がんは毎年約13,000人の命を奪っています。この新しいガイダンスは、高リスクの卵巣がんを持つ女性向けの確立されたアドバイスに基づいています。

この考えは、卵巣がんの平均リスクの女性にとっても新しいものではありません。2019年に、アメリカ産婦人科医カレッジ(ACOG)はこの戦略を委員会の意見で提案しました。

ハーバードの専門家もこのアプローチは妥当であると同意しており、多くの侵襲的な卵巣がんのケースが実際には卵管内の細胞から発生しているという確立された証拠を考慮しています。

ハーバードのベス・イスラエル・デイコネス医療センターの婦人科腫瘍学者であるキャサリン・エッセレン博士は、「長い間、遺伝的な卵巣がんの多くの症例が実際には卵管の病変から起こると考えられています。」と述べています。「これらのすべてのガンをまとめて卵巣がんと呼んでいますが、実際には多くは卵管で始まるのです。」

炎症の損傷から自分自身を保護します。
慢性の低度の炎症は、無音のキラーに変わることが科学的に証明されており、心血管疾患、がん、2型糖尿病などに寄与します。ハーバード医学校の専門家から炎症を抑えて健康を保つための簡単なヒントをご紹介します。

さらに詳しく

卵巣がんは早期発見できますか?
答えは「いいえ」です — これらの推奨事項を後押ししています。

卵巣がんは検出が非常に難しい疾患です。症状は漠然としており、多くの他の健康問題と関連している可能性があります。症状には腹部の膨張、骨盤の痛みや不快感、腸または膀胱の習慣の変化、食事時に早く満腹感を覚える、疲労、異常な分泌物や出血、性交時の痛みが含まれます。

 

2021年にイギリスで行われた大規模な研究から

 

失望すべき結果(The Lancetに掲載)は、晩期の診断のリスクを下げることは簡単ではないことを示しています。この試験は、16年間にわたり200,000人以上の女性を追跡しました。この試験では、超音波検査とCA-125血液検査で平均リスクの女性をスクリーニングすることは、この病気からの死亡率を減少させないことがわかりました。CA-125血液検査自体はスクリーニングに適していないと考えられています。なぜなら、卵巣がんを検出するには正確性や感度が不十分だからです。

卵巣がんの高リスクとは何を意味するのですか?
家族歴はこの病気の最大のリスク要因です。年間約20,000人のアメリカ女性に診断されるこの疾患は、母親、姉妹、祖母、叔母、または娘がこの病気を患っている場合、女性は高リスクとみなされます。

さらに、BRCA1またはBRCA2遺伝子の継承型変異は、国立がん研究所によればリスクをかなり高めます(これらの変異はアシュケナジユダヤ系を含む特定のグループでより一般的です)。女性全体で卵巣がんを発症する確率は約1.2%ですが、BRCA2変異を持つ女性の場合、70〜80歳までに17%、BRCA1変異を持つ女性の場合、44%が発症する可能性があります。

手術は卵巣がんの発症リスクをどれだけ減少させる可能性がありますか?
卵巣がんのリスクを減少させるために、すべての女性 — 産後の計画がない場合でも — 卵管を切除するべきかどうかは明確ではありません。この手術は卵巣がんの発症の可能性を完全に排除することはできず、手術にはリスクが伴います。エッセレン博士は、この病気のリスクレベルに応じて医師との選択肢を話し合うことをお勧めしています。

卵巣がんの平均リスクの女性にとって:利用可能なデータは、卵管を切除する考えを支持しているようです。将来の妊娠を避けるために卵管を閉じたり切除したりした女性を対象にした研究では、彼らの将来の卵巣がんのリスクが、仲間と比較して25%から65%減少したことが示されています。また、女性が既に子宮全摘出などの婦人科手術を受ける予定の場合、潜在的な利点はリスクを上回る可能性があります。

更年期前の女性にとっては、卵巣をそのままにして卵管だけを切除することが、両方を摘出するよりも好ましいです。なぜなら、卵巣が生成するエストロゲンは、心血管疾患や骨粗鬆症などの健康問題から守るのに役立つからです。また、卵巣を残すことで、突然の更年期症状を防ぐこともできます。

エッセレン博士は、「卵管はホルモンを生成せず、卵子を輸送する以外には本当に必要ありません。」と述べています。「そのため、女性がもう妊娠を希望しない場合、別の婦人科手術の際に卵管を切除することにはほとんどデメリットがありません。」

卵巣がんの高リスクの女性にとって:「卵巣がんのスクリーニングツールがうまくいかない世界で、家族歴が強い卵巣がんの高リスクの女性を対象に、卵巣と卵管を摘出するという手術を行うことは理にかなっています。」とエッセレン博士は述べています。

現在、予備的な証拠は、卵巣がんの発症リスクを減少させる手術を行うことは安全であるかどうかを示しています。しかし、卵管だけを切除する手術が、卵巣と卵管を両方切除するのと同じ効果があるかどうかは不明です。

エッセレン博士は、「これまでの所見は手術自体の安全性と女性の生活の質に焦点を当てています。高リスクの女性の長期データを蓄積するには長い年月がかかります。卵管だけを切除する手術が卵巣がんを予防するのに卵管と卵巣を切除する手術と同等に効果的であるかどうかを知るためには、このデータが必要です。」と述べています。

歩行・ガーデニング・お掃除・普段の身体活動が、女性のパーキンソン病を遅らせる

自己粘着性外科用メッシュ。メッシュ固定方法に代わるか?

関連記事

  1. 人工知能(AI)を使用して、早期乳がんの進展を予…

    American Journal of Physiology-Cell P…

  2. 低活動膀胱を知っていますか?

    聞きなれない病名”低活動膀胱”低活動膀胱という病気は?膀胱収縮の減弱…

  3. 間質性膀胱炎に対するパルスラジオ波治療は可能性の…

    この症例報告間質性膀胱炎(IC)の35歳の女性が、パルスラジオ波(PRF)…

  4. 間質性膀胱炎の潰瘍は、レーザー治療が効果がある

    アルバートアインシュタイン医科大学の研究者らがおこなった2001年の報告で…

  5. 間質性膀胱炎の統計調査と男女比

    間質性膀胱炎は女性に多い病気です。人口に対する間質性膀胱炎の比率を出すために…

  6. 膣エルビウムレーザーの安全性:過去8年間に治療さ…

    医学誌Climactericに投稿された論文では、腹圧性尿失禁やGSMの治療…

  7. 家族に自殺願望があるとき

    JAMAに報告された研究は、この春、アメリカ人の間でうつ病が3倍になったこ…

  8. アスピリンが大腸がんの予防になるとされる研究

    JAMAオンコロジーにて2021年に発表された、ハーバード大学の研究によると…

PAGE TOP