menu

自己粘着性外科用メッシュ。メッシュ固定方法に代わるか?

この研究は、腹股沿い疝病手術後の慢性的な痛み(CPIP)に対する自己粘着性メッシュの有用性を調査したものです。従来のメッシュ固定方法に代わるものとして、自己粘着性外科用メッシュがあります。

Is the self-adhesive mesh a solution for chronic postoperative inguinal pain after TAPP: A single centre preliminary experience?

Kirov KG, Mihaylov DM, Arnaudov SS.J Minim Access Surg. 2023 Jul 5. doi: 10.4103/jmas.jmas_23_23. 

この研究では、2022年1月1日から2022年12月15日までの期間に単一のセンターで腹腔鏡下経腹膜前(TAPP)鼠径ヘルニア修復を受けたすべての患者のデータを分析しました。軽量の自己粘着性メッシュを使用し、追加の固定は行いませんでした。この分析は、早期および遅期の手術後合併症、特にCPIPの評価を含みました。

研究には52人の患者が登録され、合計で64例の選択的なヘルニア修復が行われました。早期の手術後合併症の発生率は7.7%で、患者のうち1人がセローマ、2人がポートサイトのヘマトーマ、1人が一過性の腸閉塞を発症し、いずれも保存的に管理されました。再発例はありませんでした。視覚アナログスケールによる平均痛みスコアは、退院時に3.3(0-8)、1か月後に0.6(0-4)で、3か月後以降にCPIPの発生はありませんでした。

結論として、自己粘着性メッシュを使用した腹腔鏡下TAPP修復は、CPIPを軽減する潜在的な手術技術と言えますが、この方法を評価するためにはさらなる研究が必要です。また、メッシュ手術による弊害は依然として解消されていないことも考慮すべきです。

卵巣がん予防: 卵管切除を検討すべきか?米国ガイドライン

腹腔鏡下の鼠径ヘルニア修復手術において、ヘルニア嚢(ヘルニア袋)の管理方法

関連記事

  1. 人工知能(AI)を使用して、早期乳がんの進展を予…

    American Journal of Physiology-Cell P…

  2. 低活動膀胱を知っていますか?

    聞きなれない病名”低活動膀胱”低活動膀胱という病気は?膀胱収縮の減弱…

  3. 間質性膀胱炎に対するパルスラジオ波治療は可能性の…

    この症例報告間質性膀胱炎(IC)の35歳の女性が、パルスラジオ波(PRF)…

  4. 間質性膀胱炎の潰瘍は、レーザー治療が効果がある

    アルバートアインシュタイン医科大学の研究者らがおこなった2001年の報告で…

  5. 間質性膀胱炎の統計調査と男女比

    間質性膀胱炎は女性に多い病気です。人口に対する間質性膀胱炎の比率を出すために…

  6. 膣エルビウムレーザーの安全性:過去8年間に治療さ…

    医学誌Climactericに投稿された論文では、腹圧性尿失禁やGSMの治療…

  7. 家族に自殺願望があるとき

    JAMAに報告された研究は、この春、アメリカ人の間でうつ病が3倍になったこ…

  8. アスピリンが大腸がんの予防になるとされる研究

    JAMAオンコロジーにて2021年に発表された、ハーバード大学の研究によると…

PAGE TOP