menu

心臓病の増加と子宮摘出術は関係がある

Obstetricsand Gynecology、2009年5月で報告された研究によると、卵巣や子宮の摘出手術と心臓病はかかわりがあります

アメリカ人女性の3人に1人は、60歳より前に子宮摘出術(子宮の外科的切除)を受けています。子宮がんやその他の生命を脅かす状態と戦う手術を受けるのはごくわずかです。ほとんどの場合、子宮摘出術を行って、月経出血を止めたり、子宮内膜症と闘ったり、骨盤痛を止めたりします。

子宮摘出術を心血管疾患のリスク増加に結び付ける新たなエビデンスは、特に若い女性や子宮摘出術の一環として卵巣を切除した女性の間で、手術の利益とリスクのバランスを再考することを促すはずです。

年齢、卵巣が重要

子宮摘出術にはいくつかの種類があります。子宮部分切除術では、子宮のみが切除されます。子宮全摘出術では、卵管や卵巣とともに子宮と子宮頸部が切除されます。卵巣摘出術の医学用語は卵巣摘出術です。

2つの研究は、子宮摘出術または卵巣摘出術が一部の女性の心臓病を発症する可能性を高めるという証拠を追加しています。

年齢が問題になる場合があります。スウェーデンの研究者は、国の健康登録のデータを使用して、子宮摘出術を受けた50歳未満の女性は、手術を受けていない女性よりも心臓病で入院するか、10年以上死亡する可能性が非常に高いことを発見しました(ヨーロピアンハートジャーナル、2010年12月24日)。50歳以降の子宮摘出術はリスクをほとんどまたはまったく加えませんでした。

卵巣が鍵となります。進行中の看護師の健康調査では、研究者は非癌性の状態のために子宮摘出術を受けたほぼ3万人の女性の健康を追跡しました。24年間のフォローアップで、手術中に卵巣を切除した人は、卵巣を切除しなかった人よりも心臓発作やその他の心臓イベントで死亡するリスクが28%高かった。手術後にエストロゲンを服用しなかった50歳未満の女性のリスクはさらに高かった( Obstetricsand Gynecology、2009年5月)。研究者らは、子宮摘出術中に両方の卵巣を切除した130人の女性ごとに1人の余分な女性が心臓病で死亡すると推定しました。

保護中: システム関係

間質性膀胱炎が高圧酸素療法で改善できる可能性

関連記事

  1. 人工知能の予測によると乳がん死亡者が1%増加する…

    新型コロナウイルス感染症(COVID…

  2. 血圧の薬は、虚弱な高齢者でも寿命を延ばす可能性が…

    医学誌Hypertensionの2020年8月号に掲載された研究によると、…

  3. 心臓発作から数ヶ月以内に性行為のできた人は、生存…

    European Journal of Preventive Cardiol…

  4. スクリーニングのマンモグラフィは何歳まで続けます…

    ほとんどの女性は、不快でストレスを感じる可能性のある日常的なマンモグラムを…

  5. 心不全は、日帰り手術での 90日の死亡率と30日…

    医学誌JAMAに発表されたスタンフォード大学の研究者らは、日帰り手…

  6. 黒色腫は必ずしも既存のほくろから発生するとは限り…

    疑わしいほくろが皮膚がんの可能性をチェックすることは重要ですが、2017年…

  7. 心臓病と癌のリスクは関連している可能性があります…

    2019年11月にアメリカ心臓協会の科学セッションで発表された研究によると…

  8. 便秘があると心血管疾患リスクが上昇するらしい

    英国の医学誌BMJに報告された最新の論文によると、デンマークの病院および外…

PAGE TOP